/*--ホーム上付き余白--*/
 
/*--ホーム下付き余白--*/
 

駅の所在地

名古屋鉄道株式

会社名古屋本線

東岡崎駅

愛知県岡崎市

Last Update
  2009/9/15  疑似フレーム構造






注釈その他


太平洋戦争の経過

1941年
(昭和16年12月8日)
太平洋戦争始まる

”align=

1943年
(昭和18年5月24日)
中学生以上の学徒勤労動員決まる


1944年
(昭和19年11月14日)
米軍の爆撃機B29が東京を初空襲。この頃より米軍の本土空襲本格化する


1945年
(昭和20年4月1日)
米軍、沖縄上陸


1945年
(昭和20年5月7日)
ドイツ無条件降伏


1945年
(昭和20年6月8日)
御前会議、本土決戦体制確立を示す


1945年
(昭和20年6月23日)
沖縄守備隊全滅


1945年
(昭和20年7月26日)
ポツダム宣言発表


1945年
(昭和20年8月6日)
広島に原爆投下


1945年
(昭和20年8月9日)
ソ連対日参戦、満州侵攻、長崎に原爆投下


1945年
(昭和20年8月15日)
終戦の玉音放送


1945年
(昭和20年8月28日)
占領軍、厚木航空基地に到着。30日より進駐開始


1945年
(昭和20年9月2日)
降伏文書調印


TOP

勤労動員日誌

この日誌は、太平洋戦争末期の昭和20年4月27日から同年8月29日までの東岡崎駅班の日誌である。 日誌は全て私が記録するように先生から指示されたので、現在、手元に残っている。日誌ノートは 国語のノートで紙質がよくない。毎日、1ページずつ2段に分けて書いてある。

私達の学校

愛知県岡崎市立三嶋国民学校高等科二年、現在の中学二年生である。 当時は、男子組と女子組に分かれていた。

班編成

東岡崎駅(5名)、美合駅、本宿駅、市内電車の車庫、後の半数が工場であった。

管理部

本土決戦の様相が濃くなったので、戦時非常組織として、岡崎、太田川、刈谷、渥美、 須ヶ口、岐阜、犬山、瀬戸に管理部を4月1日より新設。名古屋本社と独自で活動できるようにした。岡崎では、駅の 東の近くにあった。

TOP

信号

電車は信号によって安全に運行されている。信号機の表示は、赤、黄、青で、信号機の種類は、 豊橋から来た電車が東岡崎に着き、名古屋方面に向かう場合、写真のようになる。

閉塞信号機(閉塞については別に述べる)が青ならば進行する。

駅に進入が可能か否かを示す場内信号機がある。青ならば進行する。

東岡崎駅のプラットホームに着く。

出発信号機が青ならば出発する。

駅朝礼参加

駅では、毎朝、要員以外、駅長室に集まって朝礼を行う。このHPでは、適当に内容を省いて ある個所もあるが、標準的な内容は次のようになる。一同礼・神棚に礼・神宮、宮城遥拝・黙祷・信条または 安全綱領または輸送訓・点呼・駅長殿の話(伝達、訓話)・時計合わせ

TOP

臨時乗車証

他の駅へ出かける時に使用する定期券のようなもの、どんな時でも、名鉄全線無料である。 しかし、実際には、ほとんど、改札を敬礼することだけで通った。

腕章

腕章によって、駅の一員であることを知らせた。学徒は学校通学時代の戦時の服装(ゲートル使用)で、 あった。

信号所

信号とポイントが連動して表示される表示板
駅構内のポイントを集中管理しており、ポイントの切り替えをここで行う。どのように切り替えたかは、 信号所内の表示板に示される。同時にポイント付近の信号の表示も切り変わる。

TOP

ポイント

線路の分岐点。先のとがった2本のレールを動かして分岐の方向を切り替える。信号所で集中管理する手動式 と、単独で手動で切り替えるものがあった。現在は、ほとんど電動式になっている。
次の写真は、だるまポイントで、引き込み線で使われていた。単独、手動で半円の黒と白の上下によって 線路の切り替え方向を確かめた。
次の写真は、本線より引き込み線へのポイントで、現在の電動式である。当時は、信号所よりの手動式で あった。

TOP

宮城遥拝

皇居の方向に向かって最敬礼をすること。神宮遥拝は伊勢神宮に・・・。

黙祷

戦地で戦死した兵士、戦っている兵士に対して、感謝と必勝を祈念しての黙祷。

警戒警報

敵の飛行機が近づいているから注意せよ、という警報。ラジオやサイレン で行われた。

防空壕

地面に人が入れる巾の広い溝を掘り、溝の端を出入り口として、上から横木や板の上に土をかぶせて、中に いる人を防護した、空襲警報の時の避難場所。

国民登録

本土決戦に備えての義勇兵役法の準備ためのものか、今となって思い出せない。なお、住所、氏名、血液型の布製名札はみんな付けていた。

空襲警報

敵の飛行機が襲ってくるから注意せよ、という警報。ラジオやサイレンや 鐘を鳴らしたり、警防団が大声で知らせた。

TOP

敢闘運動

職場の人々の士気を高めるための運動。具体的に何をしたか覚えていないが、沖縄決戦中、大都市への空襲激化の 時期である。

点呼

一人ひとりの名を呼んで、出席者を調べること。番号を一人ひとり、言って調べる場合もある。

名鉄沿線の知識

名鉄線及び沿線の様子を見て覚え、乗客の質問に答えられるようにするため、休日に出かけて覚えることをすすめられていた。

休日

毎週木曜日が休日

ポイント掃除

線路の分岐点で、レールは鉄板上を滑って動くので、動きをよくするために、鉄板をつるつるに磨く仕事。
写真の矢印の鉄板。ここでは少し錆びて茶色になっている。

TOP

バスについて

駅前始発のバスは、全てかどうか覚えていないが、代燃車で短く切った薪を燃料とした木炭バスを覚えている。車体の後ろに円柱形のストーブをつけたようになっていて、 その中に木片を詰め、燃焼によりガスを発生させて走るのである。したがって、走り出す前に手回し送風機を使い、準備に時間がかかった。

名古屋市博物館特別展ちらし

亡くなられた先生、生徒

動員期間中、病気で校長先生、同級生で2名、岡崎空襲で同級生1名(後日判明)、動員前の三河地震で先生1名が亡くなった。

集札の仕事

集札所で電車から降りたお客さんの切符を受け取る仕事。発着駅の確認をすばやくしなければならないから、混雑が終わるまで忙しい。定期券は期間 と有効期間を通り過ぎる間に見なければいけないから、慣れるまで期間を要した。初めのうちは、お客さんを追いかけていって見せてもらったこともある。

TOP

電車接近器

上り線や下り線の電車が一定距離内に来ると、駅長室の、上り線、下り線の表示のあるボックスが点灯し、ブザーで電車の接近を知らせる。
写真は現在のもので、当時は木製の枠でスリガラス内の電球が点灯した。

詔書奉読

昭和16年12月8日に太平洋戦争の宣戦の詔書が発せられたので、開戦にあたる8日に、その詔書の奉読を、謹んで聴いたのである。

連結器

車両と車両をつなぐ装置で、一方の車両を他の車両に軽く当てるだけで、自動的に連結されるようになっている。解放するにも手間がかからないように なっている。

食料の配給

食糧不足で主食の米等、配給制で大人一人、昭和17年より一日分2合3勺(345g) あったが、動員学徒や軍需産業労働者には、特別に配給があった。

TOP

六所神社参拝

駅の近くにある神社で、毎月、太平洋戦争開戦日の8日、必勝祈願の参拝をした。

身体検査

各学年一回の定期検査のように思う。

信号所のテコ

現在のように電動式ではなく、信号所内にはテコがあり、テコの下からは、パイプ状のものが連なって、 分岐点の動くレールまで達していた。人力で動かすので力を必要とした。
写真は、信号所のものではないが、よく似ている。

貨物見習

貨物入れ替えの時、連結器を手動で解放させること、貨車と貨車とのブレーキ用ゴム管の連結や取り外し、 電気機関車から突放された貨車にぶら下がって指定の場所で止まるよう、ブレーキテコに体重をかけて止めること。 等が仕事の内容であるが、時には低速の貨車から飛び降りるようなこともあった。
白い板の上に乗り、左下の赤矢印のブレーキテコに体重をかけて、指定位置に止まるようにする。右上の 赤矢印は、連結器を解放する手動の鉄棒である。

TOP

ツベルクリン注射

結核菌感染の検査のための注射。当時は、一度、結核になると治りにくく、死亡率も高かった。

義勇軍募集

義勇兵役法では15才からとなっているので、14才の私達をどのように扱う予定であったのか、今となっては 分からない。応募したという話も聞いていない。

産報信条

戦争協力のため、産業報国会(産報)というものがつくられていたが、この会員として守るべきことを 箇条書きで述べたものではないかと思われる。

貨物のゴム管

客車でも貨物車でも、列車のブレーキは、圧縮空気の力による。圧縮空気を制御するのは、運転室で 運転手がする。他の車両にはゴム管によって圧縮空気が送られる。各車両には、ゴム管と金具がが付いて いて、握手をするような形でゴム管が連結される。私達は、貨車については、連結をしたことがある。 貨車と貨車の間に身を入れてやらなければならないので、気持ちのよいものではなかった

TOP

待避の鐘

防空頭巾をかぶって乗客も含めて全員、防空壕に避難する。奥に入ると外の様子が分からなくなって しまうので、入り口付近にいる人もいた。動員直前に同じ防空壕で、入り口付近の人が、流れ弾か何かに 当たって怪我をしたそうで、私達は先生から注意されていた。

名古屋空襲

主なものは、3月12日B29、130機、名古屋中心一帯を空襲、5月14日B29、440機の大空襲。次いで、5月17日の空襲に よって、本社や神宮前駅が焼失した。

敵機

米軍の爆撃機は、高空を飛行する長距離爆撃機B29で、両翼に2つずつのプロペラが付いている大型の飛行機であった。 与圧乗務員室を持っている。上昇限度は9710mで、最大速度は575Km/h。日本のゼロ戦は上昇限度は11 050mで、最大速度は545Km/h。日本のゼロ戦で迎撃するために飛行しても、その高度に達するまでに時間を要し、 B29の高度に達しても、その間に敵機は去り、また、20mmの機銃で撃っても、損傷を与えることが難しかったそうだ。
艦載機は米軍の航空母艦から発着する、小型の飛行機で、機銃掃射、小型爆弾で低空から攻撃してきた。

高射砲

敵の爆撃機等の飛行機を攻撃する火砲。命中すれば爆発し、命中しなくても、一定の高度になれば爆発 するようになっている。

列車番号

各列車には番号がつけられている。その列車については、各駅 共通の番号で呼ばれている。上りは偶数で、下りは奇数になっている。

TOP

列車運行図表

縦軸に各駅を駅間の距離に応じて、位置を定め、横軸を時刻として、電車の運行の様子を表わしたグラフ。 実際のグラフについては、別ページに掲載。

ボギー車


台車
客車のように前後に車体が長いものは、前部で車軸と車軸の距離を短くした台車があり、後部も 同じようになっている。このようにするとカーブでも無理なく通れる。

架空線

パンタグラフ(バネ式)

電車は、線路の高い所に張ってある架空線から、パンタグラフにより、電気を取り入れて走行する。 当時は、豊橋から金山橋まで直流1500ボルトで、金山橋から岐阜までは600ボルトであった。そのため、 豊橋、岐阜間の直通電車がなく、中間駅の神宮前、金山橋を連絡する電車があった。運行図参照。なお、現在は、ほとんど全線,直流1500ボルトであるが、新岐阜駅前,黒野方面は600ボルトである。

名鉄の被害

空襲により、建物、施設、車両、人員に多くの被害を受けている。幸い、東岡崎駅は残ったが、貨物 の方では、被害を受けている。(記録によれば、本社と14駅舎が焼失し、車両全体の25%が損害を受け、 駅の20%は駅務休止になった。)

新入生の人達

新入生は、名鉄の社員として1年生の人、名古屋の高校生(今の)で動員されてきた人等、若い男女 がいたが、今、思い出しても区別がつかない。中には、少女歌手もいた。このような時に今までどうしてきたのだろうと思ったら、「兵隊さんの慰問で歌っていて、兵隊さんから可愛がられた。」と言っていた。終戦後、ラジオでこの少女歌手の歌をきいたことがある。終わり頃には、若い憲兵もいた。

TOP

ホームの仕事

電車を待つ乗客の安全に注意。乗客案内。乗降が円滑に出来るようにする。満員電車ではみ出た乗客の押し込み。 発車準備完了の確認などであった。電車が発車、進行する時には、気を付けの姿勢で、車掌に敬礼してホームを 電車が去るまで見送った。

レール付近の草取り

レールの枕木の下には、砂利石が敷いてある。その理由は、・草が生えない。・荷重を分散して均等に地面 に伝える。・水はけがよい。・弾力性がある。等であるが、砂利と土の境目付近の長く伸びた草を取って見通しをよくした。 駅の構内だけであったように思う。

安全綱領

当時のものは分からないので、現在、名鉄で、これに相当するものは、次のようである。
「安全三つの誓」
・私はケガをしな いことを誓います。
・私は同僚、部下にケガをさせないことを誓います。
・私は災害の起こりそうなところをなくする ことを誓います。
国鉄の安全綱領(時期不明)
1 安全は輸送業務の最大の使命である。
2 安全の確保は規定の遵守及び執務の厳正から始まり不断の修練によって築きあげられる。
3 確認の励行と連絡の徹底は安全の確保に最も大切である。
4 安全の確保のためには職責をこえて一致協力しなければならない。
5 疑わしいときは手落ちなく考えて最も安全と認められるみちを採らなければならない。

TOP

ホームの白線

電車到着時の安全のためのホームの白線か、乗降位置を示す白線である。

盲爆の焼跡

米軍は、一般に対しては無差別で焼夷弾による焦土作戦だったが、初めて一面の焼け野原を見た。

沖縄決戦感謝貯金

4月1日に米軍は沖縄に上陸し、6月23日日本軍は全滅することになる。この時は、決戦の最中である。戦争遂行のために、貯金、国防献金は、国としても必要とするところである。

炊き出し

名古屋空襲によって焼かれた神宮前駅や、線路の復旧作業の人達の食事を、岡崎で作った。一般の人達 が欲しがっている白米の握飯が主であった。

腕木式信号機

全て人力による機械式で、柱上の腕木の上下によって、信号を表わすものである。ポイント切替に連動 している。横ならば停止、下がっていれば進行。

TOP

木炭電車

三河鳥羽駅で見たのは、気動車である。ガソリンカーが戦時で使用休止になり、2台を代燃車に改造して使用していた。ガソリン カーの一方の端にガス発生装置を取り付け、木炭を燃焼してガスを発生させ運転した。

改札の仕事

パンチ(改札ばさみ)で切符を切るのであるが、切り取る形は、駅によって異なり、後で乗車駅を調べる時に分かるようになっている。パンチには バネがないので、パンチを調子よく扱うまでには、手が痛くなった。今度、到着する電車の停車駅等の案内、発着駅、日付の確認、を手際よく やらなければいけないので、慣れるまでは緊張した。

当時(昭和17,18年頃)の改札口の写真は,「リンク」ページから他サイトで見られます。

電気、電車に対する注意

上り線、下り線への通路は平面交差であり、また、引き込み線のある構内は、用事があれば自由に通っていたから、慣れることによる油断 への注意である。引き込み線の離れた所に停車中の回送電車で弁当を食べたこともある。また、架空線は高圧線であるから、不測の事態で触れることの ないように注意。岡崎返しの終電車は、東岡崎駅到着後パンタグラフを下ろして一泊するので、翌朝、駅員が電車の屋根に登ってパンタグラフを上げる場合もあるそうである。高圧線の近くに行くので、初めての時 はとても緊張するそうだ。感電すれば弾き飛ばされて線路上に落下して絶命することあると聞いたこともある。

切符の印押し

駅名が空欄になっていて、駅名の印を押した。いつもの仕事と違って、 事務室の事務の雰囲気であった。こういう所もあるんだなと思った。

列車閉塞の電話

複線では、列車の追突を避けるために、決められた一定区間(各駅間)に一列車と定められている。 このようにすることを列車閉塞という。次の区間の電車の有無は信号で知らせる。 電車の運行が予定通りでない場合など、駅と駅で電話で連絡しあって列車の運行をする。

TOP

電気機関車

貨物列車だけに用いた牽引動力車で、関係者はデキとよんでいる。

信号機の原理

ある区間のレール、その区間にいる電車の車軸、他方のレール、と電流が通じて信号機 の電気回路ができたときに信号が働く。ある区間と隣の区間のレールは電気的に 絶縁がしてある。
他のレールの継ぎ目は、電気が通じるようになっている。また、継ぎ目は、熱膨張でレールが伸びる余裕がとってある。

貨物の入れかえ

貨車を行き先順に並べ替えること。引込線にある貨車を、電気機関車が引いたり、押したり して貨車の前後の位置を変えて、貨物列車を編成する。

TOP

手旗信号

貨車の入れかえは、赤と緑の手旗を待った手旗信号手の手旗の合図によって、電気 機関車の運転手は、電気機関車を前後に動かし、貨車を連結させたり、解放して、 貨物列車の編成を行う。また、直接に貨車を扱う貨車係として活動する者も、手旗信号手 の合図を見て仕事を行うのである。手旗の動かし方により、突放(貨車を低速で押して 切り離す)、突放してその勢いで連結、連結のため前進、接近したから徐行、停止、 何番線に移動などを知る。

引込線の番号

上り、下りの本線にも番号が付いているが、駅の構内で枝別れしている線にも番号が付けられている。

神棚

戦時下においては特別の祈願もあったが、安全祈願という点においては、当時も今も変りなく、当時の様子と同じである。

防火用水

建物等を爆撃機から落とす焼夷弾による火災の時、消火に用いるための水をためておく貯水槽。

海洋少年団

組織的な集団活動を通じて、海洋関係の訓練を行い、心身を鍛える少年団

栄養薬の配給

食糧不足による成長期にある青少年への影響を考えてのことだろう。

TOP

窓ガラスの無い電車

物資が不足している時であり、窓のガラスがすぐに補充できない場合もあった。また、車両 酷使のため、故障も多かった。

電話での呼び出し方

手回し式で、ベルの鳴らし方が、呼び出し先の駅によって異なっていた。モールス信号 のようなものである。呼び出される方も、自分の駅の信号を聞き分けて、受話器を取るのである。

貨物の入かえのその後

駅の人達も、学徒に手伝いをやらせることについて心配したようで、管理部長が見て、「少年には 危険だから、やらないでよい。」とのことで、それ以後、手伝いは中止された。

夕会について

本日の仕事の終了の報告と帰りの挨拶を目的としたものである。ホームに整列して やっていたので目立ったが、途中から、場所を変えた。

保線事務所

電車が安全に通行できるよう、レールや枕木の修正や交換、線路の砂利や土盛りの部分の維持を業務とする事務所。

食糧事情

食糧は配給制で量が少ないので、家庭では野菜、野草類を入れて、水増しした雑炊を食べた。7月 からは、配給量が少し減った。雑炊の鍋の底までこすりとって食べるようなありさまであった。

TOP

ふとんを運んでくるまで

衣料品や寝具も不足していて、購入は切符制であった。どこの家庭でも、古い衣料品を再利用などして苦労していた。真新しい ふとんなど欲しくても手に入らなかった。

信号機の赤、黄、青

信号が赤ならば、その前方閉塞区間内に列車がいることを表わす。黄ならば、その次の区間に列車がおり、青ならば、前方二つの閉塞区間の本線上に列車がいないことを表わす。

姿勢

列車が出発進行する時、ホームの仕事をしていた者は、通過していく車掌に対して敬礼して見送った。 列車の最後尾がホームを出るまで、安全確認のため緊張をゆるめず、直立不動の姿勢でやるようにとの注意である。

拡声器

スピーカー。マイクも今より大きく、真空管の時代である。故障の原因は知らされなかったが、 日誌に情報云々とあるのは、いかにも戦時下らしい。

コウナゴの出来事

駅員に配給されるコウナゴの佃煮は油紙に包んで縄でしばってあった。名古屋から満員電車で運び、 東岡崎駅に着いて、電車の中央付近から引きずって出口に向かったところ、油紙が破れてしまった。 すると、目の前にコウナゴが通りすぎていくのを見た、乗客の数人が、コウナゴを少しずつ手に取って 食べた。量としてはわずかのことだが、思いがけないことであった。食糧不足で皆、飢えているのである。

満員電車

乗客数に比べて電車の本数が少なく、その理由は、工場で働く人達の輸送、食糧不足による買い出し、疎開者、 戦災者の移動などであった。私達も用事で名古屋へ行く度に超満員を経験した。貨物も、軍需品、食糧の輸送 のため、車両が不足していた。 もっとも、駅から物資運搬等のために回送電車で名古屋へ行った時は、ほかに誰もいなく、楽しかった。

TOP

輸送訓

当時の内容は分からないが、戦時下の輸送に対する要請を表わしたものと想像される。
現在では、 これに類するものとして、
「運転安全規範」があり、次のようである。
1.職責遂行上最も大切な ことは、安全の確保である。
2.安全確保の基礎は、規定を確信をもって守ることである。
3.勤務に 誠実であり、丁寧であることは安全の要件である。

軍事教練(1)

学校での軍事教練の内容は、整列、分列行進、一人一本ずつの竹の棒を小銃ととして持ち、銃剣で 突く練習、手旗信号などが思い出される。

停電

鉄道は重要であるから、停電はあまり無いはずだが、変電所が空襲にあったのか、故障なのか分からない。 岡崎空襲の時でも、停電にならないうちに、駅構内にある電車を、美合駅まで、カーブも限度いっぱいの全速力で避難させた そうだから初めから停電ではないことになる。

TOP

トロッコ

レールの上を、人力で押して動かす運搬車。保線で使用する、人が乗って人力で動かすものもある。

貨物ホーム

当時は、貨車専用のホームがあり、そこで荷物の積み下ろしが行われた。鉄道中心の時代である。

入営

召集令状がきて、兵隊として、指定された兵営に入ること。応召者のために周囲の人達は,武運を祈って日の丸に寄書をしたり、お祝いの流れ旗を掲げて兵隊送りをした。

貨車

貨物車の種類には、無蓋車、有蓋車、その他いろいろある。次の写真は無蓋車、有蓋車である。

TOP

睡眠不足

特に1945年(昭和20年1月13日)三河地震の時は、余震の頻発で2週間位、外で寝た家も多い。空襲で頭上をB29の 爆音が響き、地震と空襲警報で睡眠不足になった。それ以来、地震は収まったが、夜の空襲警報で 落ち着かない日々が続いていたのである。

名古屋での警戒警報

名古屋は何回も空襲にあっているから警戒警報での緊張が、私達と違っていることを感じた。やがて、私達も同じようになる のだが。

銀行

袋に入った切符の売り上げ金を、出札の駅員の人について、銀行まで持って行った。銀行では別室で金額の調べが行われた。

学徒義勇隊結成式

米軍の上陸に備えて全国民が戦う計画だから、学徒義勇隊も軍に協力態勢を整えるために結成された。

TOP

青少年学徒に賜りたる勅語

「・・その任、実にかかりて、汝等青少年学徒の双肩に在り・・」昭和14年5月22日の勅語

海行かば

歌詞「海行かば水漬く屍(かばね)、山行かば草むす屍、大君の辺にこそ死なめ、返りみはせじ」 万葉集・大伴家持の長歌の一節。昭和13年に作曲された、戦時愛国歌であるが荘重で悲壮感のある 歌。

防空頭巾

現在ならヘルメットというところだが、当時は、図のような綿入りの頭巾を、各自が携帯していた。空襲の時、頭巾をかぶり、頭部を守った。なお、爆弾に対しては、地面に伏せて、両手で眼球と耳をふさぐよう教えられていた。 住所、氏名、血液型を記した布の名札を頭巾と服につけていた。

車庫

当時は岡崎市内を市内電車が走っていた。その車両整備のための車庫にも、勤労動員で同級生が配備されていた。

TOP

海軍志願兵検査

海軍の戦況悪化により、特に海軍の戦力の回復を図ったようである。少年志願兵対象は、旧制中学校生徒、 国民学校高等科生徒を対象

リヤカー、大八車

当時、普通に使用されていた荷物運搬車。どちらも人力で、リヤカーは、自転車で引くことも出来た。

駅員も兵隊に

駅員は国としても、輸送での活動が必要とされる要員のため、青年がいたが、この人達も兵隊に行くように なってきて、戦局の切迫を感じてきた。

軍事教練(2)

次の写真は、連尺小学校七十周年記念で配られた絵葉書の写真の一部分である。
小学6年生の時である。一番手前は、運動場の一部の畑の手入れをしており、その向うでは、竹の棒を銃として行進 の練習をしており、その向うではラッパの練習をしている。全景の左の方では、男子が乾布摩擦をしたり、女子が薙刀(なぎなた)の練習をしている。

TOP

駅員の補充要員をめざして

駅員で兵隊に行く人を身近に見て、動員学徒にいろいろな実務を教えられたことが、一層、よく分かってきた。 私、自身は市の図書館で鉄道に関する本を借りてきて読んだ。将来、駅員が勤まるように。

津島から切符を

前に述べたように、非常時態勢として、名古屋中心でなく各地方に管理部が置かれていたから、このようなことが、時により必要になったと思われる。どこの駅でも使えるよう、切符は駅名が空欄になっていたものがあったが、どの程度の割合か分からない。

小荷物扱

小荷物扱とは、駅で受け付けて遠隔地へ小荷物を発送すること。写真のような荷札を 付ける。手荷物扱いとは、規格外の手荷物を駅で受け付けて、札を付けて乗客が自分で 持ち込み手荷物として運ぶこと。また、同じ列車の荷物を乗せる場所に札を付けた荷物を 預ける託送手荷物とする方法。一時預かりとは、駅で預かり札を発行して、現在のコイン ロッカーのような事をすることである。

駅員の宿泊

駅の近くの店が空き家になっていたので、畳を敷いて、ふとんが幾組か積んであった。宿泊する駅員の数を 増やしたと思われる。私達の昼の休憩場所にもなった。

TOP

駅長室の中

正しい名称は駅長事務室であろう。広い一つの部屋で、駅朝礼はほとんど全員集まって、ここで行われる。駅長殿、助役殿の机、いす、出札係、 小荷物扱い係、神棚、接近報知器、閉塞電話機があった。放送設備が思い出せない。宿直、休憩室、待機室は 駅長室の東隣にあった。

八幡社参拝

同級生の葬儀の後の必勝祈願の神社参拝である。神社参拝は重視された。

疎開について

町の家の密集地帯にいた生徒は、町から離れた所に移住した者もいた。密集地では、家を取り壊して防火帯を 作ったところもある。全国的に、大都会では学級単位で田舎に移住した学校もある。

体重について

20年後の
全国男子の平均体重
13才1965年(S.40)
・・・・42.0Kg
14才1965年(S.40)
・・・・47.2Kg

TOP

畳を貨車で

他の駅の宿泊所の増設のためか、罹災した名鉄施設に送ったものと思われる。

貨車の車輪の軸箱の中は

軸箱の中はどうなっているのか知りたかったが、ある日、点検,整備のためか軸箱のふたを取ったところ で中を見たら、綿状の繊維に油を含ませた物だけが入っているだけであった。

後年、廃車、他貨車の軸箱の中

軸箱の底部には、潤滑油が貯めてあり、潤滑油に浸されたパッドが見られた。車軸に接着された円盤の下端が常に潤滑油に接していて、車輪軸と平軸受が接する部分へ油膜が移っていくものと思われる。

駅で働く人達

駅員で先輩が一年生の人達に、今はとにかく、前は学校で級長クラスの人達が名鉄社員になったんだと話して いたのをよく聞いた。駅員はそういう人達がなったんだなと思った。

電車運転の説明

駅員から2両連結の2両目の運転席で、矢作橋駅から東岡崎駅に向けての運転の模擬操作を見せてもらいながら、説明を受けたことがある。電車の運転は、主幹制御器の前進、後退のレバーを前進にして、目盛りに従い、ハンドルによって少しずつ速度を上げていき、後は惰力で進行する。1両目の運転手が惰力運転に入ったところで、次のように言われた。「この2両目のスイッチがもし入っていてノッチを進めれば、前に見える連結器のすき間が変化して、また前に押すような形になる。」

電車は、全ての車両の車台にモーターがついているわけではない。
制御車・・・運転室があって、モーターがついていない車両。
制御動力車・・・運転室があって、モーターがついている車両。
私達の乗った電車は、2両ともに前後に運転席があり、また、連結器も目前によく見えた。1両目はともかく、私達の乗った2両目は制御動力車であったと考えられる。

TOP

配給だけでは

駅のホームで、特にやせ細った子供を見たことがある。食料不足の時代ではあるが、どのような理由であったろうか。

授業取り止め

もう、授業どころではないことが、周囲の状況から分かっていた。この日、学校に行かなかった ので、元の学校を見ないで、数日後の岡崎空襲で一部を残して焼けてしまった学校になってしまった。

保線にも動員されている学生

土木技術系高等専門学校(今の大学)の学生がいたようである。

水準測量

レベルと函尺によってレールや地点の高低差を求めることが出来る。レールで、高低差に関するものとしては、
・鉄道の勾配は(高さ/斜辺1000m)によって表される。
・カーブの部分では、外側のレールの高さを内側より高くしている。
・勾配の変化している地点では、縦曲線によって変化させている。
ついでながら、水平面内の方向変換は、
・直線と円弧で構成されているが、その、連結部分には、緩和曲線を挿入している。
・カーブの部分では、車輪が円滑に通れるよう、内側のレールの位置を少しずらせて軌間を広げている。
次の左の写真は、曲線標でカーブの全長を表し、右の写真は勾配標で上り勾配を表している線路標識 である。
   

TOP

艦載機に襲撃された電車の様子

襲撃された電車が岡崎へ回送されてきたので車内を見にいった。電車は、車体が木製である。 銃撃されて弾が何個所か貫通していたが、その跡は、大型ドリルで穴を空けたようで、穴の縁は ぎざぎざになっていて、初めて見る銃撃の跡に驚いた。もし、体を貫通していたら、ひとたまりもない と、強く感じた。(記録によると、銃撃を受けたのは計4両になっている。)

草取り

このような状況の中で午前中草取りをやっていたことになるが、のんびりとやっていたわけではない。前日、銃撃された電車を見ているし、午後には、空襲による待避もしている。午前中草取りは、電車の運行と関係があったのではないかと思われる。ある日、ホームの仕事の時、名古屋から来た電車の横にチョークで書いた行き先表示板が前のままであったので、豊橋 行きに直したら、次も、次も同じようなことになっていたので、直すのを止めてしまったことがあった。空襲、故障、満員の中での電車運行であった。

忘れ物整理

遺留品と言っても、普通の乗客の忘れ物のことである。物資不足の時代でも忘れ物はあった。詳細については覚えていない。

学徒への報酬金

動員でも、その仕事に対しては、お金が支払われた。思いがけないことであった。

TOP

岡崎空襲

20日午前0時52分。B29,約80機による焼夷弾を中心による空襲を受けた。いくつかの束ねた焼夷弾を適当な 高度でポンポンと、ばらして分散させた後のザーッと雨のふるような音が無気味であった。地上に落下すると 六角形の筒の後尾から火のついた油脂等が飛び出して、辺りを燃やすのであるが、火の玉が 飛び出したときは、花火のようであった。私の家族は避難したが、父親が一人、家に残り、少し の消火で燃えるのを免れた。爆撃は2時10分まで続き、調べたところによると、B29は高度3900m から12056発、落としていった。

駅で見た負傷者

岡崎空襲が去った日の日中、焼けなかった静かな駅に、時々、負傷者が運び込まれ、軍医と 思われる人に手当てを受けるのを何人か見た。兵隊で足の負傷が多かったように思う。特に軍靴 の底を突きぬけ、足の裏に破片が突き刺さったのを取り除くのを見て、なぜそのようなことが起 きるのか不思議に思ったが、時々聞こえてくる不発弾の爆発音を聞いて、理由を想像した。

岡崎空襲の被害

市の中心街は焼け野原と化し、遠くまで見渡せるようになってしまった。全焼7312戸、半焼230戸、 死者207名、行方不明13名、被災人員32068名

罹災家庭

親戚や知人の空き部屋や物置を借りて、一時的な住まいとした。防空壕で暮らす人もいた。焼け跡に、焼け残り の木材、板、トタンなどでバラックを建てて暮らすようになったのは秋になってからである。

TOP

岡崎空襲の時の駅

運良く駅舎に直撃弾はなかったが、焼い爆弾が駅舎の東近くに落ちて、消火活動に増員宿直警備していた男 の駅員達が大活躍したそうだ。一人やけどした。また、岡崎止まりの電車を停電にならないうちにと、全速力で美合駅まで待避させた駅員もいた。

空襲警報の頻発とデマ

岡崎空襲後、空襲警報には特に敏感になった。今度は、焼け残った家をねらってくるそうだと、 うわさをよく聞かされ不安になった。また、地上から飛行機に位置を知らせる者がいるという。
米軍の飛行機から、戦意を喪失させるためビラが散布されたこともあったが、その様子やビラについては、はっきり覚えていない。
上の「落下傘ニュース」は、散布されたものの一部と思われる。昭和20年6月23日米軍マニラ司令部発行・見出しに、・比島作戦最後段階に入る、米軍---を快進、日本軍の投降者急増・激戦九日間那覇飛行場を攻略、等が見られる。日本側の新聞より、この方が真聞であったようだ。

戦局

空襲の激化で反撃という反撃もなく、待避のみの生活では、戦局の悪化は、身に感じられつつあった。 7月26日米英華は、日本に無条件降伏をすすめるポツダム宣言を発表。

TOP

学校から毎日の伝達開始

戦争を身近に感じるようになって、どのような状態になるか分からないので、学校からの連絡 と生徒の状況把握の態勢をとったものと思われる。

突然の敵機来襲

下りホームにいた時、突然、爆音がして、艦載機が襲ってくるのが分かった。ホームの屋根 で敵機は見えない。防空壕へ避難する余裕もない。進退極まって走り込んだのが、すぐ近くに 止まっていた貨車。その貨車の下にもぐりこみ、車輪の陰に頭をやって身を守った。鉄道車両の下にもぐったのは、この時が初めてであった。

休日の名鉄線見学は

動員の初めの頃は、休日に名鉄線の見学をすすめられていたので、いちばん遠くの谷汲線へいつか行こうと思っていたが、この頃は、そのような余裕はなくなっていた。
次の上の写真は、S.27改造の車台で連結された谷汲線の電車(S.48廃車)。下は廃線前の谷汲線の電車である。(H.13.9.30まで運行)


じゃがいもの配給

食糧不足により、じゃがいもも配給であるが、動員学徒への特別加配である。

TOP

一日中空襲警報で臨時休日

前にも述べたように、岡崎空襲以来、空襲には敏感で、身に迫ったものと感じるようになった。 臨時休日でも、気の休まるようなものでなかった。

御真影奉納式

当時、各学校にあった、御真影(天皇陛下の御写真)は、学校で最も大切なものであったから、安全な場所にお移しする式であったように思う。

肥の汲み取り

戦局が緊迫してきたので、業者か農家の人が汲み取りに来なくなったためと思われる。
小学校6年の頃から、運動場の一部を掘り起こして、畑にした。肥料はトイレの人糞を汲み取って使って いた。動員前の学校の運動場も同じような状態だったから、肥の汲み取りといっても、気分のよいものでは ないが、さほど気にすることもなかった。

日中の来襲中断

静かな一日であったが、 記録によると、一昨日の休日には、美合駅で電車が一両、銃撃を受けている。

TOP

罹災者への供出

岡崎市でも空襲があった場合に備えて、米の供出と炊き出しの手配、薬品、食料、寝具、衣料品、炊事用品の備蓄をしていた記録があるが、この罹災者への供出は一般からのものと思われる。どのような物があったか思い出せない。

防空壕の補強

空襲で残った所は、ねらわれるからと、防空壕の補強につとめた。駅の管理部では、上にレールを並べる 作業をした。一般の家庭でも補強につとめたことと思う。私の家でも石の破片を並べて埋め、覆いを厚くした。

広島原爆投下

大本営発表では、・8月6日広島市は敵B29少数の攻撃により相当の被害を生じたり。 ・敵は右攻撃に新型爆弾を使用せるものの如きも詳細目下調査中なり(中央口論社、日本の歴史参照 )

豊川海軍工廠大空襲

駅の防空壕に待避していると、かすかに爆弾の爆発音と地響きが伝わってきた。豊川海軍工廠の 空襲で、10時13分、B29爆撃機124機により、26分間で2500人以上の死亡者が出た。
豊川海軍工廠戦没者供養塔

真剣な待避

防空壕への待避は、不安を抱き、中での姿勢も、真に身を守るためのものとなってきた。

工場で働く人達の待避

工場で働いている人達は、この頃になると、空襲警報で工場を離れて、外へ走って待避 するということを聞くようになった。

敵小型機の銃撃と爆弾

不意に襲ってくる敵小型機(艦載機)は危険であった。田で働いていた人が銃撃されたり、 工場から近くの山に避難した勤労動員の学徒が銃撃されて死んだり、元の連尺小学校のプール の近くに小型爆弾を落とされたり、また、戸崎の日清紡のれんがの建物も銃撃された。(弾痕 が長い間、残っていた。(以上、私の知る限りにおいて)

TOP

長崎原爆投下

広島のように、被害が大きいこと、新型爆弾であることを知った程度だと思う。

戦局の切迫

7月26日連合国ポツダム宣言発表、8月6、9日の広島・長崎の原爆、8日のソ連 の対日参戦で、6月8日御前会議で決定した本土決戦は、8月9日からの御前会議で白紙 に戻し、紛糾しつつも終戦に向かっていた。

乾パンの配給

食糧不足により、乾パンも配給であるが、動員学徒への特別加配である。

外科病院と警察と駅

ほとんどの駅の、この頃の上りホームと下りホームの間の通路は、平面交差であったから、他の駅で人身事故が発生していた。この事故処理の書類のことで行ったように思われる。事故電車を引込み線で見たこともある。

焦土と化した名古屋の沿線

電車で名古屋へ用事で出かけても、市街の風景は一変して焼け野原となってしまった。 特に「さくら」駅の辺りは、人影もなく、見渡す限りの焼け野原の中に線路とホームだけ があるという淋しい風景だった。

TOP

休憩中に艦載機が目前に

休憩室で昼の弁当を食べていると、不意に艦載機の爆音がした。外から大人の人が三人くらい 逃げ込んで来た。「目の前で銃弾の土煙があがった。」などと言っている。そのうち一人が休憩室 のふとんの中へ頭をつっこんで足だけ出している。よほど恐ろしい目にあったらしい。外では、どうも 桝塚の第三航空隊の飛行場を攻撃しては、ちょうど、駅前の上空あたりで順に旋回しているらしい。 超低空でとんでいくので操縦士の顔が見えた。私達も不安になって、じっとその場に座っていた。 弁当を食べた後で、裏の水道の水が飲みたかったが、動いた者が不運にも・・・と考えて、攻撃 が終わるまで、防空壕にも行けず、その場にいた。
(記録によれば、8月14日に三河線で電車が銃撃を受け、70人余の死傷者が出た。)

終戦の詔勅と重大声明

初めて聞くラジオからの天皇陛下の詔勅の意味は、はっきりと分からなかった。重大声明も 今の戦争が中断されるようだと、訳も分からず感じた。終わって、すぐ、隣の休憩室へ若い駅員や 学徒達が集まった。駅員の人達の話を聞いていると、一時休戦だから、休戦中に力を貯えておけと 云うことだとか、大型の大砲が隠してあるから、休戦後にそれを使うそうだとか。敗戦という 事は、はっきりしなかった。

8月15日の新聞

TOP

看板の撤去

どんな看板か、今となっては思い出せないが、戦意高揚の看板であろう。

書類の焼却

駅の上り線の近くで、たくさんの書類を持ち出して焼却した。なぜ、このような書類を 燃やさなければならないのか、それぞれについては分からなかった。紙不足の時代でもったいない と思った。その中で一冊、何も書いてない記入帳があったので、もらっておいた。 次はその表紙の写真で、受授簿・東岡崎貨物駅とある。

終戦になって思ったこと

8月15日の出来事は、あまりの変化に、周囲の人達は、変化に応じた言葉が急には出なかった ように思う。私は、家に帰ってから、ラジオを聞き、敗戦がはっきりしてきた。日誌にも何と 書いたらよいか。結局、何も感想を書かなかった。しかし、先ず第一に思ったことは、これで 毎日、安心して、妨げられず眠れる。ということだった。

みその配給

終戦になっても、食糧不足に何も変りはないので有り難かった。八丁味噌の味噌倉 の中へ行って、駅の分を運んできた。

動員解除決定

戦時体制の解除は、それまでの戦意高揚に比べれば、以外に早かった。

TOP

兵隊や一般の復員

来る電車、それぞれが超満員で、みんな荷物を持っていた。乗客の様子も、これまでの 乗客とは変っていて、兵隊らしい人が大勢いた。

4ヶ月の勤労動員

学徒動員は工場へ行った者が多いが、私達は、その点、他と少し変った職場だと思う。 毎日、同じ作業というわけではなく、鉄道の知識を習得し、見習い、実行した。駅の人達も 親切に指導してくださったので、苦しいことはなかった。後から、鉄道の方面の進路 を考えたこともあったくらいであった。悲惨な戦争結果が分かってみると、運に恵まれた 勤労動員の場所といえるだろう。

軍事目標とされていたなら

日誌で「事故無し」の日がほとんど毎日、当然のごとく記録されているが、人身に関する 事故が全くなかったのは喜ぶべきことだと思う。5年後に朝鮮戦争が始まるが、 映画館で米軍機が駅の貨物列車を機銃掃射をしている場面のニュースを見て、自分もやられる 立場にいたんだなと思ったことがある。(記録によれば、須ケ口の駅では、近くに工場があった ため、駅も機銃掃射にあっている。)

最後は静かな式で

戦争が終結しても、混乱はなく、いつもの方式で式が行われた。静かな雰囲気で,きちんとした終了であった。

TOP

更新履歴・資料

---更新履歴---

Since2000/4/1

2000/4/5@niftyで今日のVippieとして紹介される。

2000/6/28戦後編として「戦後の映画館のちらし」作成
現在廃止、規模縮小

2000/7/26終戦8月15日の新聞のtop見出しの写真挿入

2000/8/11読者の思い出ページ増設

2000/9/17「映画館のちらし」写真付63,題名と主演者名のみ255に増加する。

2001/7/19 Vippies認証マーク

2001/9/5 太平洋戦争開戦の号外、米軍の落下傘ニュースを追加

2003/3/1駅の写真追加

2003/11/30海軍工廠慰霊塔,国鉄の安全綱領、木炭自動車のちらしの写真挿入

2004/4/3日の丸の寄書・出征を祝う流れ旗の写真挿入

2004/7/12連尺小70周年写真全景追加

2004/11/12電車運転の説明加筆

2006/1/15駅の地図(名鉄名古屋本線主要駅をgoogle_mapの地図で見る)を作成しリンクをつけた。

2009/9/15CSSによる疑似フレームに構造変更

2010/6/21名鉄岐阜駅での手旗の写真挿入

2010/7/10 後年、廃車された他貨車の軸箱の中の写真と説明挿入

---資料---

名鉄資料館展示物
鞍ケ池名鉄屋外展示車両
名古屋鉄道社史及び名鉄発行図書
岡崎交通公園展示車両
名鉄施設
佐久間RP
岡崎市史その他
8/15の新聞コピー・所持者のご好意による
開戦の号外、落下傘ニュース、いずれもコピー
三重県いなべ市貨物鉄道博物館・有蓋貨車の軸箱の中2010/7/4

付記
日誌は、言うまでもなく実際の記録である。朝礼など同じことの繰り返しは、ここでは適当に省いてある。今まで発表したことはなく、現在、手元に保管している。列車運行図表(ダイヤグラム)は、当時、駅員からもらって私が使っていたものである。

BACK注釈その他




  

全日写連たつき支部
たつきフォトギャラリー
  戦前の岡崎の街
   東岡崎駅改札口戦時の一時期
(名鉄運行情報等)
(西三河ニューテレビ)
--リンク集--
広島県内とその近隣地域の観光スポット・歴史などをイラストとともに紹介
 
熟年世代総合情報メディア

  当サイト内規模縮小版
「戦後の映画館のちらし」
(ローマの休日・OK牧場の決闘・わが谷は緑なりき)

top




勤労動員日誌

        



日  誌


HOME

1945年(昭和20年)

・太平洋戦争の経過・勤労動員日誌私達の学校
4月27日金曜日・晴・曇・晴
7時45分集合・班編成・管理部長訓話・駅見学に出発(本宿)(美合)(東岡崎) (車庫で昼食、休んでから見学)・帰宅・事故無し
今日、集合して班編成をした時は、胸がどきどきした。駅見学をしたが、駅長殿や 助役殿はとても親切にしてくださった。又、信号の重要なことが分かった。車庫であった 先生のお話に、「私達はお客様気分でいてはいけない。人一倍働く覚悟がなければいけ ない。」と言われた。私達は、この事をよく身につけて働かなければならないと思った。
・班編成・管理部・信号
4月28日土曜日・晴
欠席無し
八時集合・先生のお話・臨時乗車証、腕章分配・訓話後駅へ行く・駅長殿のお話・ 駅朝礼参加(・宮城遥拝・黙祷・駅長挨拶・学徒紹介)・新入生と共に掃除(途中、警報 入る)・信号室で信号テコの話を聞く。後、掃除をして昼食・ポイント掃除見学・新海 助役殿について構内見学(主に信号、ポイント、切符等のお話があった)・改札、集札 の見習・集合、新海助役殿のお話を聞いて解散・帰宅
事故無し
初め、駅に入った時は、様子が分からなかったが、少し、分かるようになった。 今日は仕事が少なかったが、少しくたびれた。帰る時、駅を出たら思わずほっとした。
・駅朝礼参加・臨時乗車証・腕章・信号所・ポイント
4月29日日曜日・晴
欠席無し
学徒朝礼(・宮城遙拝・黙祷・先生のお話)・助役殿に出勤報告・駅朝礼参加(・宮城遥拝・ 黙祷・駅長殿のお話)・改札、集札見学・掃除、時々休む、水まき、ごみをはいて取る、 途中、警戒警報発令・少し休んで昼食、13時まで休憩・ガラス拭き・夕会(新海助役殿の お話)・解散・帰宅
事故無し
今日、朝礼後、改札の切符切りを見た。うまい具合に、また、速く切れるのには 感心した。今の切符は紙が悪いので切りにくい。掃除の途中、次は何をやってよいのか 分からなくなってしまう様な事があった。夕会の時、新海助役殿にガラスを拭いたお礼を 言われた時、もっと私達は力を出さなければ、いけないと思った。
・宮城遥拝・黙祷
4月30日月曜日・晴
欠席無し
集合、学徒朝礼(・宮城遥拝・黙祷・先生訓話/注意事項用紙、班長に分配)・駅 へ行って駅長殿に挨拶・駅朝礼参加(・一同礼・宮城遥拝・黙祷・駅長指示/国民登録 /宮様電車通過時刻/サイレン吹鳴時刻変更)・改札、集札、電車到着時のホームの仕事、 改札1人、集札2人、ホーム2人・改札はW君でホームと集札は交代・途中警戒警報発令 11時半頃空襲警報発令、防空壕の近くで休憩、12時18分解除・12時25分警戒警報解除・ 昼食・13時頃より改札はT君でホームと集札は交代・夕会(後田助役殿にやってもらう)・ 解散・帰宅
事故無し
改札、集札は管理部長殿が言われたとおり、初め考えたいたよりもむつかしかった。 どちらも、駅名と日付を早く見なければならないからであった。また、切符を切る のもむつかしい。
・警戒警報・防空壕・国民登録・空襲警報

HOME

5月1日火曜日・曇り後雨
欠席無し
集合、学徒朝礼(・宮城遥拝・黙祷・先生のお話)・駅へ行って出勤報告・駅朝礼 参加(・一同礼・宮城遥拝・感謝祈念の黙祷・駅長指示/5月1日から10日まで敢闘運動) ・改札、W・集札、T、O・ホームの仕事、M、Y・11時31分警戒警報発令・12時25分 解除・昼食・13時頃まで掃除・午前と同じ改札、集札、ホーム・夕会(新海助役殿の お話)・皆さんに挨拶して解散・帰宅
事故無し
午後は雨が降ったので、午前と比べると、割合電車が来るまでひまであった。昼食 後、ホームで休んでいると、後ろから私の肩をぽんとたたかれたので、ふりむいて みると、都築先生であったのでびっくりした。先生は、にこにこされながら色々私達 に話しかけられた。
・敢闘運動
5月2日水曜日・雨
欠席無し
集合、学徒朝礼(・宮城遥拝・黙祷・先生のお話)・出勤報告・駅朝礼 (・一同礼・神棚に礼・宮城遥拝・黙祷・点呼・駅長指示/社報)・改札、集札、ホーム の仕事、各交代・11時45分頃警戒警報・12時25分頃解除・12時45分頃警戒警報・13 時8分頃解除・12時昼食・午前と同じ仕事・夕会(駅長殿のお話)・解散・帰宅
事故無し
今日から、駅朝礼の時、私達も点呼を行うことになった。明日は名鉄に入って一番 初めの休みだ。夕会の時、駅長殿から、「明日は沿線に行って色々な事を見てきて ください。」と言われた。私はとても嬉しかった。
・点呼・名鉄沿線の知識・休日
5月4日金曜日・晴
欠席無し
学徒朝礼・出勤報告・駅朝礼・改札、集札、ホームの仕事、各自分担して・ 昼食・ポイント掃除・午前に同じ、時々掃除・夕会・解散・帰宅
事故無し
今日、昼からポイントを掃除した。初めてである。油を付けてよくみがいた。 太陽の光が反射してまぶしいい位みがいた。信号所の方と連絡しておかないと、 線路と線路の間をみがいていて、信号所でテコを引っぱると線路に手をはさまれて 、手にかなりの傷を負うからである。
先生より(そうです。気をつけてやらないといけない。)
・ポイント掃除
5月5日土曜日・晴
欠席無し
学徒朝礼・出勤報告・駅朝礼・改札、集札、ホームの仕事、各自分担して・時々掃除・ 8時50分頃警戒警報発令・10時34分頃解除・昼食・掃除・午前に同じ、・夕会・解散・帰宅
事故無し
毎日、駅の前を並んでいる人がいる。切符を買うのである。多く並んでいても、 30分ごとに売るのを制限している。私達は社内線なら、あんなに切符を買うため に、時間を無駄にしない。無賃だから有り難く思った。
先生より(並んでいるところを見て、何と考えますか。個人的でなく、 国家的にどんなものでしょう。)
・バスについて
5月6日日曜日・曇後晴
欠席無し
8時学校集合・朝礼・兵藤校長先生の祭壇にお参り(学級単位に)・中田校長先生のお話・受持 の先生のお話・解散(学級代表5人は後に残る)・事故無し
学校で昼食、2時まで待つ・校葬(内容省略)
2時からの校葬に、私も代表の一人として参列させていただいた。正面の御写真を見ると 、生前の校長先生のお顔が頭にうかんでくる。式がすんでから、私達一人ひとりに焼香 をさせていただいた。私は心から校長先生の御めいふくをお祈りした。
・亡くなられた先生、生徒
5月7日月曜日・晴
欠席無し
学徒朝礼・出勤報告・駅朝礼・改札、集札、ホームの仕事、各自分担して・防空壕の作業 (砂入れ)・8時50分頃警戒警報、30分位で解除・改札、集札、ホームの仕事・ポイント 掃除・昼食・ポイント掃除・改札、集札、ホームの仕事・夕会・解散・帰宅
事故無し
この頃、よく集札の所で、一日2人位、不正乗車があるのに気がついた。よく気をつけて いないと分からなくなってしまう。
今日、ポイント掃除の時は、なかなか暑かったが、午前と午後にだいたい全部がんばって やった。
先生より(不正乗車の時はどうするのか。そのことについては、 指導者より教えを仰いでおきなさい。それとも、先輩者によく教えてもらうことです。)
・集札の仕事・電車接近器
5月8日火曜日・晴後曇
欠席無し
学徒朝礼・出勤報告・駅朝礼(・・詔書奉読・・)掃除、構内及び連結棒のコロ・9時48分 掃除中に警戒警報・9時53分解除・改札、集札、ホームの仕事・11時28分警戒警報・12時4分 解除・昼食・六所神社参拝・改札、集札、ホームの仕事・4時過ぎ学徒へ、菓子パン、肉の 配給後解散・帰宅
事故無し
今日の午後のある時、ふと駅前の方を見たら、今までのように切符を買うための大勢の人達 がいなかった。不思議に思って駅員の人に聞いたら、制限枚数を多くしたからであった。 今日の菓子パンや肉の配給をしてもらった時はとても嬉しかった。
・詔書奉読・連結器・食糧の配給・六所神社参拝
5月9日水曜日・晴
欠席無し
学校集合・学校朝礼・身体検査・駅へ行く・改札、集札、ホームの仕事・時々掃除・昼食 ・改札、集札、ホームの仕事・夕会・解散・帰宅
事故無し
改札、集札、ホームの仕事がちょっと、きりになり掃除もすんだので、休憩室で休んでいたら、 高橋先生から呼ばれたので行ってみると、「安藤君が死んだので、明日、私達五人が自宅葬 に参列する。」というお話であった。本当に安藤君があの世に行ったとは思われないような 気がする。思えば、この間、自転車に乗せられて行ったのを皆見たが、これが別れとは思わ なかった。
・身体検査
5月11日金曜日・晴
欠席無し
学徒朝礼・出勤報告・駅朝礼・仕事の割当を新海助役殿に決めてもらう・信号所見習M、貨物 見習W・ホーム見習Y,T・集札見習O・各見習、時々掃除・夕会・解散・帰宅
事故無し
今日の見習の時、私は信号所見習であった。なれればとてもやさしいそうだが、まだ、私は ポイントを動かすにも、すぐ動かすというわけにはいかなかった。一生懸命やってやっと 動かせる程度だ。
先生より(体力がないといけない。何かと力をつくっておくこと)
・信号所のテコ・貨物見習
5月12日土曜日・晴
欠席無し
学徒朝礼(・・ツベルクリン注射の話・・)・駅朝礼・掃除・集札、ホームの仕事、MとWは貨物 が来た時だけ貨物及び信号所の見習をして、あとはホーム見習。残りの3人は割当、昨日に 同じ。また、時々、みんなで構内及び電車の掃除・11時45分頃警戒警報12時45分頃解除・ 昼食・午前に同じ作業・2時、学校の理科室へツベルクリン注射に行く・少し学校で待って 注射をしてもらう・先生のお話(ツベルクリン注射後の注意、義勇軍志願の話)・解散・帰宅
事故無し
今日、学校でツベルクリン注射があるので、それに間に合うように学校へ行った。行ってみたら 、早すぎる位であった。知らせがあるまで理科室で待っていた。知らせがあったので,講堂 へ行くと、すぐ、注射をやって下さった。あまり痛くなかった。
・ツベルクリン注射・義勇軍募集
5月13日日曜日・晴
欠席無し
学徒朝礼(・・14日の結核検診の話・・)・駅朝礼(・一同礼・神棚に礼・宮城遥拝・黙祷・信条・ 助役殿のお話/16,17、日某長殿が岡崎を通って行かれる、敬礼、規律厳守/・時計の時間 合わせ)・集札、ホームの仕事・貨車のゴム管の扱い方の練習・集札、ホームの仕事・M,Y,W は管理部へ行って、切符に印を押す仕事、T,Oはポイント掃除・昼食・12時45分頃 警戒警報発令、13時15分頃解除・前の仕事の続き(1人当り計2500枚で2回印を押した) ホームの仕事T、集札O・夕会(助役殿のお話)・解散・帰宅
事故無し
私は今日、管理部へ行って切符に印を押す仕事をした。2回通りで5000枚も。昼食の時止めて 、後は続けてやったので、後、少し肩が痛かった。
・産報信条・貨車のゴム管
5月14日月曜日・晴
欠席無し
6時50分頃警戒警報発令・8時頃空襲警報発令・学徒朝礼・出勤報告の後、待避・構内及び 電車の掃除・M,Y,Wは管理部へ行って昨日と同じ仕事(午前、午後でMは2000枚、Yは2 000枚、Wは1000枚印を押す)・昼食・それぞれ前の続き・2時半夕会・学校の理科室へ 行く・講堂で結核検診・運動倉庫前集合・先生のお話(BCG注射後の注意、結核検診の話、 義勇軍志願者調べ)・教練・解散・帰宅
事故、Tが警戒警報解除後に来たが遅刻にはならない。
今日、名古屋空襲があった。休憩室で休んでいると、待避の鐘が鳴ったので待避した。それから 続々と敵機が来た。高射砲の弾幕が見えたが、敵機とは、よほどはなれた所に見えた。今日は 敵機は今までよりもたくさん来た事であろう。
先生より(空襲時における学徒の態度は、如何にすべきか。互いに 考えてみるとよい。ただ見たい一方で、壕より出ているのはよくない。命令通りに行うこと です。学徒については何かと駅の方も心配しているのです。命令に従うこと。)
・待避の鐘・名古屋空襲・敵機・高射砲
5月15日火曜日・曇後雨
欠席無し
学徒朝礼・掃除、構内及び電車・集札、ホームの仕事、時々掃除・11時25分頃警戒警報 発令・11時50分頃解除・昼食・集札、ホームの仕事、時々掃除・夕会(助役殿のお話)・解散 ・帰宅
事故無し
午後は雨が降ったので、掃除をする所が少なくなり、水をまかななくてもよいので、午前 よりも仕事が少なかった。こういう時は、休憩室で次の列車が来るまで待つので、その時 を利用して、一日中の列車の番号を手帳へ記入した。今日は一日が、とても長いような気 がした。
・列車番号・列車運行図表

HOME

5月16日水曜日・曇後雨後曇
欠席無し
学徒朝礼・出勤報告・駅朝礼・掃除・集札、ホームの仕事、時々掃除・貨物の入れかえを 見る・集札、ホームの仕事・11時55分頃警戒警報発令・昼食・12時40分頃解除 ・集札、ホームの仕事、時々掃除・夕会(助役殿のお話)・解散・帰宅
事故無し
貨物の方面をやっている鳥居さんから構内の色々なお話があった。信号機の話、ポイント の話、後で電車が来たので、実物を指して、ボギー車の話をしてくださった。また、架空 線の話もしてくださった。今日は色々と為になるお話を聞いた。
・ボギー車・架空線
5月18日金曜日・晴
欠席無し
学徒朝礼(・・服装検査の注意・・)・駅朝礼(・駅長殿のお話/本社及び神宮前駅焼失) ・上りホーム、T,O、下りホーム、M,W・ホームの仕事及び掃除、電車、ホーム・ 9時35分頃警戒警報発令・10時13分頃解除・昼食・M,Yは管理部の小屋へ行って 、切符をそろえる作業・T,Oはホームの仕事及び掃除・夕会(助役殿のお話)・解散 ・帰宅
事故無し
新入生の人達(普通一年生と言う)が本社へ行ったので、ホームの仕事や掃除を一生懸命 やった。上りホームと下りホームとに分かれて競争的にやった。今日の昼食は、腹がへった せいかうまかった。
・名古屋空襲による名鉄の被害・新入生の人達
5月19日土曜日・曇後雨
欠席無し
学徒朝礼・駅朝礼(・・駅長殿のお話/神宮前行列車について/・・)・ホームの仕事及び掃除 ・9時57分頃警戒警報発令・10時17分頃解除・少したってから、また警戒警報発令 10時58分頃空襲警報発令・12時15分頃空襲警報解除・12時25分頃警戒警報 解除・昼食・ホームの仕事及び掃除・夕会(助役殿のお話)・解散 ・帰宅
事故無し
岡崎止まりの電車のなかを掃除していたり、列車扱いをしていると、よくお客さんから 色々な事を問われる。私達には、まだ覚えていないような事を聞かれた時は、駅員の人 に聞いてから教えてあげるよりしかたがなかった。
・ホームの仕事
5月20日日曜日・雨後曇
欠席無し
学徒朝礼(・・/義勇軍申込の話/日記提出日の話/・・)・駅朝礼・ホームの仕事及び掃除・ 昼食・ホームの仕事及び掃除、列車扱い(岡崎止まりの電車内掃除、ホームの水まき、 ホームの掃除、岡崎止まり電車内水まき、レール付近の草取り、掃除等)・夕会(助役 殿のお話)・解散・帰宅
事故無し
今日の朝は、雨がしとしとと降っていたが、私が家を出る頃、少し雨が止みかけてきた。 今日も、昨日も、新入生の人達は、本社の焼跡をかたづける作業をしにいった。ご苦労 様だと思った。
・レール付近の草取り
5月21日月曜日・曇
欠席無し
学徒朝礼・駅朝礼(・・点呼無し・安全綱領・・)・ホームの仕事及び掃除・ホームの白線 引き・昼食・ホームの仕事及び掃除・3時頃、MとOは駅の用事で岡崎郵便局へ行く。 ・夕会(助役殿のお話)・解散・帰宅
事故無し
今日、初めて駅の使いで外出した。いつも新入生の人が行くのだが、今日は,皆、駅の 用事でよそへ行ったからであった。新入生の人が、よく遠くへ駅の用事で行くことがあ るが、私達も行きたくなるような時がある。
・安全綱領・ホームの白線
5月22日火曜日・曇
欠席無し
学徒朝礼(・先生のお話/日記ペン書きやめ/25日沖縄決戦感謝貯金)・出勤報告・ 駅朝礼(・・安倍当駅長、管理部総務課長にご栄転・・)ホームの仕事及び掃除・昼食・ 12時5分頃警戒警報発令・12時35分頃解除・ホームの仕事及び掃除・駅の用事 で神宮前まで行く・駅へ帰るとすぐ夕会・解散・帰宅
事故無し
学徒5人、他の3人で神宮前へ駅の用事のために行った。神宮前駅からほうぼうを見ると 焼跡ばかりであった。敵機の盲爆の後を初めて見た。駅員の人達や、他の人達が元気に 働いているのも見えた。
先生より(アメリカに対して何と感じますか。しっかりやろう よ、勝つまでは。苦しいことも押し通してやろうよ。)
・盲爆の焼跡・沖縄決戦感謝貯金
5月23日水曜日・曇
欠席無し
学徒朝礼・出勤報告・駅朝礼(・・安倍総務課長殿挨拶・・)・ホームの仕事及び掃除・ 昼食・ホームの仕事及び掃除・神宮前へ駅の用事で行く・帰るとすぐ夕会・解散・帰宅
事故無し
私達より二日位前に入社した新入生の人達、もういつか、なれてきた。掃除も、他の 仕事も、ほとんどいっしょにやっている。今日もまた、神宮前へ駅の用事で行った。 一昨日や昨日と同じように、岡崎で炊き出しをして、握飯とおりづめの出来たのを 駅で働いている人達に持って行った。
・炊き出し
5月25日金曜日・晴
欠席無し
学徒朝礼・出勤報告・駅朝礼・改札、M、集札、W、ホーム、Y、T、O各々仕事・ 昼食・少し休んでから、MとWは丸石合資会社へ使いに行く・神宮前へ駅の用事で 行く・帰るとすぐ夕会・解散・帰宅
事故無し
昨日の休日に私達は、擧母(豊田市)に行き、そこから三河鳥羽まで行った。そこ からもっと行こうと思ったが、電車の都合で行けなかった。擧母から三河鳥羽まで の間に見たのだが、信号機は腕木式で、人力で動かす。ポイントは信号機と関係な くて一個所に集めてあるのもあるが露天である。三河鳥羽で、木炭を動力とした 電車を見た。
・腕木式信号機・木炭を動力とした電車
5月26日土曜日・曇後晴
欠席無し
学徒朝礼(・先生のお話/服装、電車に注意する事)・出勤報告・駅朝礼・改札、 集札、ホームの仕事、時々掃除・M、Tは途中からポイント掃除・昼食・改札、 集札、ホームの仕事、時々掃除、途中ホームに白線を書いた・夕会・解散・帰宅
事故無し
朝は曇っていて、雨が少し降ったがポイント掃除をする頃は暑くなってきた。 今日はいつもよりも口がかわいた。昨日から、改札の方を学徒だけで、少しやら せてもらっているが、ここが一番お客様に色々と聞かれる所であろうと思った。
・改札の仕事
5月27日日曜日・晴
欠席無し
学徒朝礼(・先生のお話/電気、電車に対する注意)・出勤報告・駅朝礼・改札、 集札、ホームの仕事、時々掃除・途中からMとWは、管理部へ切符の印押し・ 10時52分警戒警報発令・11時過ぎ解除・昼食・管理部へ切符の印押し・ 2時頃駅へもどる・改札、集札、ホームの仕事・3時頃掃除・夕会・解散・帰宅
事故無し
今日、管理部へ行って切符に印を押す仕事をした。終わり頃になると仕事になれて 、よく仕事がはかどった。初め頃は、肩が少し痛かったが、仕事に熱中してくるに したがって忘れてしまった。帰る時は、行ってすぐ帰ったように思えた。
・電気、電車に対する注意・切符の印押し
5月28日月曜日・晴
欠席無し
学徒朝礼(・先生のお話/集合地点を変更し集札場所へ/日記の敬語)・出勤報告 ・駅朝礼・改札、集札、ホームの仕事・本間さんとMは銀行へ駅の用事で行く・ ・銀行に居たら警戒警報発令・駅へ帰ると変えた割り当てにつく・ホーム上りY、W、 下りT、O・昼食・集札、ホームの仕事・夕会・解散・帰宅
事故無し
今日、初めて列車閉塞の電話をかけた。また、電気機関車に乗った。中は割合、 狭かった。今日は、いつもよりも色々な事があった。
・列車閉塞の電話・電気機関車
5月29日火曜日・晴
欠席無し
学徒朝礼(・先生のお話・服装検査)・集札、ホームの仕事及び掃除・9時5分頃 警戒警報発令・管理部へ荷物運びを手伝いに行く・警戒警報解除・集札、ホームの仕 事・11時45分警戒警報発令・昼食・12時12分頃解除・本間さんとYは刈谷 駅へ駅の用事で行く・集札、ホームの仕事・ホームの白線引き・本間さんとY帰る・ ・夕会・解散・帰宅
事故無し
昨日、貨物の入れかえを見た。線路と線路の間に絶縁してある所があった。新入生 の人が「両方の線路にさわると、びりびりしびれるぞ。」と言ったので、初めは ちょっとおそがかったが、さわってみたら線路にさわった付近がびりびりした。
・信号機の原理
5月30日水曜日・晴
欠席無し
学徒朝礼・出勤報告・駅朝礼(・・新任課長のお話・・)・掃除、清掃、白線引き・集札、 ホームの仕事・貨車入れかえ手伝い・集札、ホームの仕事後掃除・昼食・集札、 ホームの仕事・3時頃、MとWは殿橋の運送会社へリヤカーを引いて行って荷物 を運んできた。夕会・解散・帰宅
事故無し
今日、信号所で駅員の大久保さんから、貨物の入れかえをする時に使う手旗信号 を少しばかり教えていただいた。連結、突放、何番線という事を教えてくださった。
先生より(掃除の時は、ほうき、ちり取りの持ち方に気をつ けてください。いかにもたるそうであったりしてはいけない。また、二、三名ずつ 続いて行くのもよくない。一人、一人になって、よく働いてください。)
・貨物の入れかえ・手旗信号・引込線の番号

HOME

・太平洋戦争の経過
6月1日金曜日・曇
欠席W君は、兄応召中で浜松へ面会に駅朝礼より少し前に東岡崎を出発した。夕会後
少したってから帰ってきた。
学徒朝礼(・宮城遥拝・黙祷・先生のお話)・出勤報告・駅朝礼(・一同礼・神棚に礼・宮城遥拝・ 黙祷・信条・点呼・新任駅長深津殿のお話/至誠/無欠勤/敬神祟祖/敬礼/折り目切り目等)・ 集札、ホームの仕事を少しの間やって掃除、・8時45分警戒警報発令・10時25分解除・ 信号所西の防火用水の水を入れかえた・昼食・休憩所西の 防火用水の水を入れかえた・ 集札、ホームの仕事・夕会(助役殿のお話)・解散・帰宅
事故無し
3時45分の岡崎返しが延着であったので、夕会後それを待っていた。その名古屋行きは、いつ も急行が出てから出発するので、まだ、よいと思いながら、その電車の集札をしていた。すると、 その電車が急に出発してしまった。私はそれに乗って公園前まで行こうと思っていたが、残念 であった。
・神棚・防火用水
6月2日土曜日・雨
欠席無し
学徒朝礼(・海洋少年団志願の話・栄養薬エデックの配給)・出勤報告・WとTは、新名古屋 へ駅の用事で行く・掃除・集札、ホームの仕事・MとOは神宮前へ駅の用事で行く・Yは集札・ 11時30分警戒警報発令・Y,W,T昼食・12時2分解除・M,Oは1時半頃帰る。すぐ昼食 ・集札、ホームの仕事及び掃除・夕会(助役殿のお話)・解散・帰宅
事故無し
今日は駅の用事でいっしょに駅にいた時間は少なかった。神宮前から帰る時、私達は、一番前に 乗っていたが窓ガラスが割れて無いので、雨が降りこんでとても寒かった。
・海洋少年団・栄養薬の配給・窓ガラスの無い電車
6月3日日曜日・晴
欠席無し
学徒朝礼・出勤報告・駅朝礼・掃除、ホームの白線引き、電車掃除・11時21分警戒警報発令・ 11時30分解除・昼食・集札、ホームの仕事及び掃除、貨物の入れかえを見る、少し手伝う・ 夕会・解散・帰宅
事故無し
今日の昼過ぎ、駅員の人に頼まれたので、美合へ電話をかけた。その時、美合の符号を何回か 呼び出したが、なかなか出なかったので、送話機の口を手でさわって休んでいた。すると、あっと 言う間に手がしびれて、手をはじかれた。びっくりした。理由は電気のためであった。
・電話での相手の呼び出し方
6月4日月曜日・晴
欠席無し
集合・出勤報告・駅朝礼・掃除、Mは本間さんと駅の用事で銀行へ行く・ホームの仕事、M帰る・ 集札、ホームの仕事・昼食・集札、ホームの仕事・ポイント掃除、2のイ、2の0、4だけやった ・Y,T,Oは駅の用事で宇頭へ行く・掃除、3時頃M,Yは駅の用事で本宿へ行く・帰宅
事故無し
Y,T,Oは先に帰って待っていてくれたが、私達が帰った時より、30分位前に帰った。私が家 へ着いた時は5時半頃。
・貨物の入れかえその後
6月5日火曜日・晴
欠席無し
学徒朝礼・出勤報告・駅朝礼・改札、集札M、Y、ホームの仕事、上下、W,T信号所見習O・途中 掃除・昼食・各仕事、途中掃除、草取り・夕会・解散・帰宅
事故無し
今日、駅朝礼の後、駅のはかりを貸してもらって体重をはかったが、私が一番少ないので、はずかし いような気がした。夕会はこれから駅長室で行うことにし、神棚に礼、助役殿のお話、「お先にご無礼 します」と挨拶をして帰ると言う順序にした。
・夕会について
6月6日水曜日・晴
欠席無し
学徒朝礼・出勤報告(これから報告をする前に神棚参拝をすることになった)・駅朝礼・掃除、途中 Yは駅の用事で本社へ行く・集札、ホームの仕事、Oは引き続き信号所見習、掃除、水まき・MとTは 駅の用事で神宮前へ行く(11時過ぎ)・W,O昼食、Y帰る、すぐ昼食、MとTは神宮前保線事務所 で昼食・集札、ホームの仕事、信号所見習・2時半頃M、T帰る・夕会(・駅長殿のお話)・解散・ 帰宅
事故無し
今日、改札は乗客調べをしているので、私達は改札を今日一日だけ止めた。下りホームの待合室を きれいに掃除していると、どこかの年寄りの人が、「東岡崎駅は、きれいだな」と言っていた。私 は嬉しかった。
・保線事務所
6月8日金曜日・曇
欠席無し
学徒朝礼・駅朝礼(・・詔書奉読・運転係殿挨拶・・)・ポイント掃除・改集札、ホームの仕事・昼食・ 改集札、ホームの仕事・、途中掃除・六所神社参拝・改集札、ホームの仕事・夕会・解散・帰宅
事故無し
一昨日、まだ書くところがあったので、ここに記す。 一昨日、神宮前の保線事務所へ保線の人達の食べる握飯を持って行った。私達は自分々の弁当を 持って行ったが、保線の人が、握飯を食べていけと親切に言ってくださったけれども、保線の人達にすまない と思って遠りょして、各自の弁当を食べてきた。
・食糧事情
6月9日土曜日・晴
欠席無し
学徒朝礼・出勤報告・9時45分警戒警報発令、空襲警報発令、待避、空襲警報解除・空襲警報発令 、空襲警報解除・改札、集札、ホームの仕事・警戒警報解除・M、T、Oは駅の用事でふとんを取りに 新名古屋の本社へ行く。11時11分頃。ふとんはもらえなかった。Y,Wは、駅の用事で神宮前へ駅の 用事でいっしょの電車で行く。・神宮前付近で警戒警報発令・金山付近で空襲警報発令・M、T、Oは 本社で昼食、Y,Wは神宮前保線事務所で昼食・私達が昼食をした後、小1時間位で空襲警報解除、後、 警戒警報発令、また、新川町から須ケ口へ歩いて行く途中、警戒警報発令、須ケ口に居る時、警報解除・ 5時40分頃、駅へM、T、O帰る・夕会・解散・帰宅
事故無し
今日、2回目の空襲警報が解除になってから本社へ行った。先の空襲で南の方から煙が出ていた。電車を 降りてみると空襲警報なので、早速、本社へ行き、そこで弁当を食べた。退避命令が入ったので、関西 急行の地下室へ行った。待避解除後、新川町へ行き、そこでも用がはたせなかったので、須ケ口まで 歩いて行った。また、そこにもふとんが無かったので岩倉へ行き、ようやくふとんがもらえた。
・ふとんを運んでくるまで
6月10日日曜日・晴
欠席無し
7時1分警戒警報発令・学徒朝礼(・・列車見送時の姿勢・・)出勤報告・駅朝礼無し・9時40分頃 警戒警報解除・改札、集札、ホームの仕事、途中、水まき、掃除・昼食・改札、集札、ホームの仕事、 途中、水まき、掃除・夕会・解散・帰宅
事故無し
東岡崎駅の拡声器がこわれたので、ホームに出る者は、昨日から、「東岡崎、東岡崎」と呼ぶ事に している。情報はまだ助役殿から話がないので、言っていない。いつもよりも外の仕事がなかった。 とても一日が短いような気がした。
・信号機の赤、黄、青・姿勢・拡声器
6月11日月曜日・曇
欠席無し
学徒朝礼・出勤報告・改札、集札、ホームの仕事、掃除・学徒5人は駅の用事で、9時頃新 名古屋へ行く、9時16分発・学徒5人帰る・昼食は駅へ帰ってから食べた・夕会・解散(6時) ・帰宅・
事故無し
今日は駅の用事で新名古屋の本社へコウナゴを取りに行った。行く時は、管理部の人が付いて行っ てくださったが、本社に用事があったので学徒だけで持って帰ることにした。本社から地下の駅 まで大きな包みを八つ運び、しばらくすると電車が来たので、急いで積みこんだ。7人くらいで 運ぶとちょうどよい包みを、学徒5人でやったのでえらかった。金山で乗りかえをする時、私達が 一番後で、荷物を一生懸命おろしたが、すぐ、おろせなかった。おろして見ると、やぶれている いる包みが有ったので、なおして、美合行の連絡している電車の所へ運ぼうと思ったら発車して しまった。次の電車が堀田行、次の電車が有松行であったので、乗車せずに待っていた。ようやく 豊橋行が来たので、それに乗って神宮前へ行ったら、30分の余、停電で電車が動かなかった。 堀田へ行ったら車両故障で、前の電車に乗りかえようとしたが、前の電車は、超満員で乗れなかった ので堀田で待つ事にした。すると、どの電車も超満員で、いつまで待っても乗れない。おまけに 堀田で乗る人が大勢いる。困ってしまって、堀田の助役殿にそのことを言いに行ったら、「金山 へ乗って行ったら、その電車が上りになるので、乗ったまま居ればよい」とおっしゃった。 金山行は割合、すいているからであった。その通りにした。やはり満員になったが、私達は初め から乗っていたのでよかった。鳴海まで来ると、鳴海、阿野間、単線運転のため、鳴海で15分 間余待った。東岡崎で荷物をおろそうとする時、重たかったので一番後おろした。まだ、一つ 残っているので取りに行こうとしたら、大勢の人が乗ろうとした。そこを、どこかの人が 止めてくださったので、すぐ出せた。今日は、荷物が重かったので積み下ろしに難儀であった。 また、電車が、満員、停電、故障のため、時間が多くかかった。
・コウナゴを降ろす時の出来事・満員電車
6月12日火曜日・雨
欠席無し
学徒朝礼(・先生のお話/報奨金の話/授業料の話/15日からの集会所の話)・出勤報告・神棚 に礼・出勤報告・改札、集札、ホームの仕事・途中掃除・本間さんとMは駅の用事で銀行に行く・ M帰る・駅朝礼(11時頃)・上りホーム、M、下りホーム、Y、改札、W、集札、T,O・ 12時20分頃警戒警報発令・午前中の割当に就く・途中、駅員1人とMは駅の用事で康生町 へ行く,45分位で帰る・13時事7分頃解除・夕会(・神棚に礼・駅長殿のお話)・解散・帰宅
事故無し
これから、駅朝礼の時、産報信条をやってきたのを輸送訓に変えた。仕事で私達の割当は、毎日 変る事になった。割当を書いた表があるので、毎日見てやることにした。
・輸送訓
6月13日水曜日・曇
Oは?整理のため欠席した
学徒朝礼(・・明日出校の話・・)・出勤報告・駅朝礼(・駅長殿のお話/輸送訓の話)・今日の各自 の仕事・集札、M、Y、ホームの仕事、W,T・途中掃除、水たまりをうめた、軌道付近の草取り ・Y,Wは駅の用事で神宮前へ行く・管理部の防空壕の水抜き出し・昼食・11時11分頃警戒警報 ・11時21分頃解除・昼食・ホームの仕事、Y,W帰る・集札、ホームの仕事・夕会・解散・帰宅
事故無し
もう、そろそろ昼食の頃だと思っていると、管理部の壕の水汲みを手伝ってくれという知らせがあった ので、すぐ行った。終わり頃になると、管理部の人達がやめて行ったので、私達だけでやった。昼食 が1時半頃になってしまった。
6月15日金曜日・曇後雨
Oは?整理のため欠席した
集合、東岡崎駅・出勤報告・8時15分頃駅警戒警報発令・駅朝礼・今日の各自の仕事、ホームM、 改札Y、集札W、T・電車到着間に掃除・Wは学校の用事で服部工場へ行く・管理部の防空壕の水 汲出し作業・W帰る・改札、集札、ホームの仕事・11時15分頃解除・昼食・夕会(・駅長殿のお話・ 神棚に礼)・三嶋学校の理科室へ行く・高1の1の教室で授業(軍事教練をする理由、職場の一日 発表、休憩、高等科教練の話・解散・帰宅
事故無し
今日は管理部の人達が入る防空壕に水がたまったので汲出した。なかなか水がへらなかったが、 頑張ってやった。今日の軍事教練は雨が降って、ないと思ったがあった。
 ・軍事教練

HOME

6月16日土曜日・曇
欠席、Oは?整理のため欠席
・集合、もとのバス駅前・生徒朝礼・出勤報告・駅朝礼・今日の各自の仕事、集札、M、ホーム、Y、W 改札、T・改札、集札、ホームの仕事、電車到着間に掃除・貨物ホームから保線倉庫へ荷物を運ぶ・ 11時頃、M、Tは駅の用事で神宮前へ行く・M、Tは神宮前の保線事務所で昼食・Y、Wは駅で 昼食・貨物ホームから保線倉庫、駅倉庫へ荷物を運ぶ・途中、Wは駅の用事で美合へ、すぐ帰った。 2時半頃、M、T帰る・改札、集札、ホームの仕事・上り本線の場内信号の所に、電車が停電で 止まっていたので、お客さんを降ろすために、トロッコで梯子を持って行った。
夕会・解散・帰宅
事故無し
この頃、よく電車の故障や停電等がある。戦時下なので無理をしているためであろう。
・停電・トロッコ・貨物ホーム
6月17日日曜日・曇
欠席無し
集合・神棚に礼・出勤報告・駅朝礼・今日の各自の仕事、改札、M、集札、Y、WホームT、O ・改札、集札、ホームの仕事・11時過ぎM、Oは駅の用事で神宮前へ行く・昼食、M、Oは 神宮前保線事務所、Y、W、Tは駅・集札、ホームの仕事・、M、O帰る・改札、集札、ホーム の仕事・夕会・解散・帰宅
事故無し
今まで私達といっしょに働いていた、新入生が一人、殿橋の貨物駅へ今日、転勤した。行ってしまった 後、寂しいような気がした。O君の兄は入営。
・入営
6月18日月曜日・曇
欠席無し
集合・神棚に礼・出勤報告・駅朝礼・今日の各自の仕事、改札、W、集札、T、OホームM、Y ・改札、集札、ホームの仕事、電車到着間に掃除・Wは本間さんと銀行へ行く、11時頃Y、Tは神宮前 へ駅の用事で行く、W帰る・昼食、休憩・12時50分頃警戒警報発令、すぐ解除・改札、 集札、ホームの仕事・貨車から保線事務所へ荷物を運ぶ、途中Y、T帰る・改札、集札、ホー ムの仕事、途中掃除・夕会・解散・帰宅
今日から私達に、駅前の売店の北隣りの家を休憩室にしてくださった。12時から1時まで 休憩できるのである。嬉しかった。
先生より(休憩、休養をしてください。何と言っても体の丈夫が第一です。 気をつけないと、病にかかる。睡眠と運動が大切です。)
・貨車・睡眠不足
6月19日火曜日・曇
欠席無し
集合・神棚に礼・出勤報告・学徒5人と駅員3人は本社へ駅の用事で行く・本社で昼食・2 時8分帰着・掃除・集札、M、Y、WホームT,O・夕会(・神棚に礼・助役殿のお話)・解散 ・帰宅
事故無し
今日の警戒警報、11時21分、本社に居る時、12時24分解除、金山に居る時
今日、本社へ私達の食べる米を取りに行ったが、豆だけしかなかった。本社にいるとき、 警戒警報が発令された。ゆっくり弁当を食べていると、本社の人から「警戒警報が発令さ れたから、急いで帰らなければいけないぞ。」と言われてので急いで帰ってきた。
・名古屋での警戒発令
6月20日水曜日・曇
欠席無し
集合・神棚に礼・出勤報告・8時55分頃警戒警報発令・駅朝礼(・・神宮、宮城遥拝・・) ・ホームや電車の掃除・警戒警報解除・Mは駅の牧さんについて銀行へ行く・銀行 で警戒警報発令・今日の各自の仕事、改札、M、集札、Y、O、ホーム、W,T・改札、 集札、ホームの仕事、M帰る、途中警戒警報解除・昼食、休憩・掃除・改札、集札、ホ ームの仕事・夕会・解散・帰宅
事故無し
・銀行
6月22日金曜日・曇
集合、学校へ行く・8時6分警戒警報発令・警報が入っているので待つ。途中、待避 した。6時53分空襲警報発令・9時56分空襲警報解除・10時7分警戒警報解除 ・学徒義勇隊結成式(・整列・一同礼・宮城遥拝・黙祷・君が代・青少年学徒ニ賜リタル 勅語・隊長訓話・学徒隊長宣言・海行かば・一同礼・六所神社参拝・先生のお話) 昼食後、駅へ行く・出勤報告、駅長殿、助役殿がおいでにならなかったので、神棚に 礼だけ・今日の各自の仕事、ホーム、M、Y、集札、W、改札、O、雑、T・13時37分 警戒警報発令・14時警戒警報解除・掃除・改札、集札、雑、ホームの仕事・途中、Mは 岡崎の中部配電へ駅の用事で行く・夕会・解散・帰宅
事故無し
今日、学校で学徒義勇隊結成式があった。今までの少年団は解散になって、今度、 新たなる学徒隊が結成されたのである。戦いに勝つ日まで、この学徒隊は変らないで あろうと思った。
・学徒義勇隊結成式・勅語・海行かば
6月23日土曜日・曇後雨
欠席無し
集合・駅朝礼・学徒は本社へ米を取りに行った・昼食、本社裏の新名古屋駅屋上で 弁当を食べる・3時頃帰る・ベニヤ板運び・夕会・解散・帰宅
事故、Tは金山で乗り換える時、弁当、防空頭巾を忘れて、駅へ帰ってから電話で 調べてみたが無かった。
駅朝礼後、私達は本社へ米を取りに行った。まだ、米が来ていなかったので、来る まで待っていた。かますに入れて九つ持ってきた。今日は、いつもより大勢で行った ので、途中、愉快であった。駅へ帰ってから、御礼金を一円ずつ学徒に下さった。
・防空頭巾
6月24日日曜日・雨
欠席無し
集合・出勤報告・神棚に礼・今日の各自の仕事、改札、M、ホームY、W、集札、T、 雑、O・改札、集札、雑、ホームの仕事・少しやったら、助役殿から学徒のものは、全部 、改集札をやれと言われた。・昼食、休憩・Mは学校の用事で車庫へ行く・改札、集札 、途中、M帰る・夕会・解散・帰宅
事故無し
今日は、朝から雨が降っているので、ほうぼうがしめっぽいような気がした。今日は、 一日が長いような気がした。
・車庫
6月25日月曜日・晴
欠席無し
集合・出勤報告・今日の各自の仕事、雑、M、改札、Y、ホーム、W、T、集札、O ・掃除・改札、集札、ホームの仕事、11時頃、Y、Wは駅の用事で警察へ行く・ 昼食、休憩、Y、W帰る、すぐ昼食・改札、集札、雑、ホームの仕事・夕会(・神棚に礼 ・助役殿のお話)・解散・帰宅
事故無し
もう、私達は、改札、集札、ホーム等の仕事は、何時の間にかなれてきた。今までの仕事 のうち、改札の仕事が一番いそがしいと思った。
6月26日火曜日・曇
欠席無し
学校へ集合、教室で待つ・知らないうちに空襲警報が発令されていたので待避・集合、 先生のお話、記章をもらう・休憩・集合、医務室へ行く・身体検査(以下海軍志願兵検査)、 身長、体重、胸囲・集合、先生のお話、班出欠表をもらう・昼食、屋外・集合、色盲 検査、内科検診・学科試験、讀/書/数学・先生のお話・解散・帰宅
事故無し
今日は8時から海軍志願兵検査がある予定であったが、空襲警報が発令されたので、 おそくから試験を始めた。終わりは4時頃になった。初め、思っていたよりも割合 やさしかった。
・海軍志願兵検査
6月27日水曜日・晴
欠席無し
集合・出勤報告・神棚に礼・今日の各自の仕事、ホーム、M、O、集札、Y,雑、W、 改札、T・改札、集札、ホームの仕事・途中M、Oは一年生の人達と、管理部の 人ぷんを汲み出した・12時頃警戒警報発令・昼食、休憩・警戒警報解除・Mは 誓願寺へリヤカーに荷物を積んで運んで行った・改札、集札、雑、ホームの仕事 と掃除、途中M帰る・夕会・解散・帰宅
事故無し
今日から、昨日の朝、先生が言われたように、駅朝礼を待たずに作業を開始する ことにした。今日、駅で氷を食べ過ぎたせいか、少し腹具合が悪かった。
・リヤカー、大八車
6月29日金曜日・曇
欠席無し
集合・出勤報告・神棚に礼・掃除・今日の各自の仕事、集札、M、ホーム、Y、O、 改札、W、雑、T・駅朝礼・掃除、上下ホーム、水道端、ほうきの整理・改札、 集札、雑、ホームの仕事・今まで駅員であった鳥居さんが、今度、海軍の兵隊 として行かれるので、岡崎駅へお見送りに行った・帰ってすぐ昼食、警戒警報発令 、解除・夕会、神棚に礼・学校の理科室へ行く・高1の1の教室で、先生のお話( 約1時間)教練、休憩、教練、帰り支度をして集合・帰宅
事故無し
23日のT君のかばん、防空頭巾、の紛失物はまだ見つからない。日数がたって いるので、もう、見つからないかもしれない。
・駅員も兵隊に・軍事教練
6月30日土曜日・晴
欠席無し
8時3分警戒警報発令・集合、出勤報告、神棚に礼、・今日の各自の仕事、ホーム 、M、W、集札、Y,改札、T、雑、O・各自の仕事・警戒警報解除・途中、W, Tは鳴海へ駅の用事で行く・9時半頃駅朝礼・各自の仕事、W、O帰る・便所の 肥汲み出し・昼食、休憩・改札、集札、雑、ホームの仕事・途中、M、Yは駅の 用事でガラスを持って岡田ガラス店へ行ってくる。Tは駅の用事でパン屋へ行っ てくる・掃除・夕会(・神棚に礼・助役殿のお話)・解散・帰宅
事故無し
名鉄へ動員されてから、もう、二ヶ月余りになる。月日のたつのは早いものだ。
先生より(向う一ヶ年間には、何かものにしてください。 何も得るところなかったではすまない。)
・駅員の補充要員をめざして

HOME

・太平洋戦争の経過
7月1日日曜日・曇後雨
欠席無し
集合・出勤報告・神棚に礼・掃除・今日の各自の仕事、雑、M、ホーム、Y、T、集札、W、 改札、O、途中、8時半頃、M、Yは駅の用事で、駅の人について津島へ行く・管理部 防空壕の水汲み出し作業・昼食、休憩、M、Yは津島にて・各自、改札、集札、雑、ホーム の仕事・4時25分頃、M、Y帰る・夕会(・神棚に礼・助役殿のお話)・解散・帰宅
事故無し
8時半頃、MとYは津島へ切符を取りに行った。帰りに切符を持って来る時は、荷物が 少なかったので、思ったより楽だった。今日は今までよりも遠い所へ行った。
今日の警報・津島で警戒警報発令、解除。帰る時、新名古屋で、警戒警報発令、空襲警報発 令、金山で 空襲警報発解除、警戒警報解除。
先生より(外に出る時は、特に警報発令を注意してください。服装 とか、弁当の用意まで。停電で、何時、帰られないようになるかもしれない。)
・津島から切符を
7月2日月曜日・雨後曇
欠席無し
集合・出勤報告・神棚に礼・掃除・駅朝礼(・一同礼・神棚に礼・神宮・宮城遥拝・黙祷・ 輸送訓・駅長殿のお話・時計合わせ)・今日の各自の仕事、改札、M、雑、Y、ホーム、W、O、 集札、T・途中割当変る、小荷物見習い、M、上りホーム、Y、改札、W、集札、T、 下りホーム、O・各自の仕事・昼食、休憩・各自の仕事・掃除・夕会(・神棚に礼・助役殿のお話) ・解散・帰宅
事故無し
一週間も前から、役割表に、私達の割当が書いてないようになったので、私がきめてきたが、 今朝見たら、6月29日から書いてあった。小荷物見習いが一つ増した。
・小荷物扱いについて
7月3日火曜日・晴
欠席無し
集合・出勤報告・神棚に礼・掃除・駅朝礼(・一同礼・神棚に礼・神宮、宮城遥拝・黙祷・ 輸送訓・点呼・駅長殿のお話・時計合わせ)・改集札、M、Y、ホーム、W、T、貨物の仕事、 O・途中、割当変る、小荷物見習い、M、集札、Y、O、上りホーム、W、改札、T、途中、Mは 駅の用事で銀行へ行って来た・昼食、休憩・Mは自転車で銀行へ行って来る・駅員の休憩室の 大掃除の手伝、畳運び、畳たたき・各自の仕事、途中、Y,W、T、Oは柴を六所 神社の方へ置きに行って来る・同じく四人は管理部の畳をしまいに行って来た。来るとすぐに・ 夕会(・神棚に礼・駅長殿のお話)・解散・帰宅
事故無し
先生より(勉強の時として、もっともよい時ですから・・・気をつけ、 誠心こめてやってください。)
・駅員の宿泊
7月4日水曜日・曇
欠席無し
集合・出勤報告・神棚に礼・掃除・駅朝礼(・一同礼・神棚に礼・神宮、宮城遥拝・黙祷・輸送訓・ 点呼・駅長殿のお話・時計合わせ)・今日の各自の仕事、小荷物見習、M、集札、Y,W、ホーム、 T、改札、O・各自の仕事・昼食、休憩・Mは銀行へ行く・各自の仕事・夕会(・神棚に礼・駅長 殿のお話)・解散・帰宅
事故無し
私は小荷物見習いが少し続いたので、大体の事が分かった。仕事は、小荷物扱、手荷物扱、一時 預かり等である。一時預かりの仕事が一番やさしい仕事である。
・駅長室の中
7月6日金曜日・晴後曇
欠席無し
集合・出勤報告・神棚に礼・掃除・今日の各自の仕事、小荷物見習、M、集札、T,W、ホーム、 O、改札、Y・各自の仕事・警戒警報発令、解除・途中、Mは駅の用事で市役所へ行く・昼食、 警戒警報発令、休憩、解除・夕会(神棚に礼、駅長殿のお話)・学校へ集合・杉浦君の葬儀参列( 杉浦君の家へ行く)・八幡社へ行く・先生のお話・解散・帰宅
事故無し
今日、学校の教室へ行って待っていると、杉浦君が死んだということを、皆が言っていた。初めは 、うそであると思ったが本当であった。
・八幡社参拝
7月7日土曜日・晴
Yは家疎開のため欠席
集合・出勤報告・神棚に礼・掃除・駅朝礼(・一同礼・神棚に礼・神宮、宮城遥拝・黙祷・輸送訓・ 点呼・助役殿のお話・時計合わせ)・掃除・今日の各自の仕事、小荷物見習、M、ホーム、T、改札、 W、集札、O・各自の仕事・昼食、休憩・各自の仕事・T、Oは駅の用事で、須田常務殿の家へ 大八車で荷物を運んで行った。・夕会(・神棚に礼)・解散・帰宅
事故無し
・疎開について
7月8日日曜日・晴
Yは家疎開のため欠席
集合・出勤報告・神棚に礼・掃除・今日の各自の仕事、小荷物見習、M、ホーム、W、改札、 T、集札、O・各自の仕事・途中、M、は駅の用事で魚市場へ行って来た・昼食、警戒警報発令 、休憩、解除・体重を計る・六所神社参拝・各自の仕事・掃除・夕会(・神棚に礼・助役殿のお話) )・解散・帰宅
事故無し
今日、休憩時間の後、体重を計った。M=31.8Kg、W=32,0Kg、T=36,8Kg、 O=33.0Kg、一般に体重は減ったようだ。今日は八日なので、六所神社へ必勝祈願のため参拝 した。
先生より(動員直後は、体重が減ずるようです。特に、夏にかけて今から注意を要する。
・体重について
7月9日月曜日・晴
欠席無し
集合・出勤報告・神棚に礼・駅朝礼・掃除・今日の各自の仕事、小荷物見習、M、ホーム、O、改札、 W、集札、T、Y・各自の仕事、警戒警報発令・昼食、休憩、空襲警報発令・空襲警報解除・警戒警報 解除・W,Oは銀行へ行く・各自の仕事・信号所西の防空用水の水、汲みかえ作業・W,O帰る・ 安倍総務課長の家から、貨車まで畳を運ぶ・各自の仕事後掃除・夕会・解散・帰宅
事故無し
これから、休憩室できゅうけいした後、休憩室の掃除をすることにした。
・畳を貨車で・貨車の車輪の軸箱の中は
7月10日火曜日
欠席無し
集合・出勤報告・神棚に礼・駅朝礼・掃除・今日の各自の仕事、小荷物見習、M、ホーム、Y、集札 、W,T、改札、O・各自の仕事、途中、Wは学校の用事で学校へ行く・皆で殿橋貨物駅へリヤカー で荷物を運びに行って来る・その荷物を矢作に運ぶため、電車にのせた。駅員の人3名とM、Tは 矢作駅より家に運ぶために行く。Tは先に行く。11時18分発・昼食、休憩・Y、Oはいつもの 通り、M,Tは帰るとすぐ昼食、休憩無し、1時頃・M,Tは駅の用事で六名へ行く。リヤカーで 荷物を運んでくる・Y、Oは各自の仕事、M、T帰る(4時10分頃)・夕会・解散・帰宅
事故無し
警戒警報発令、午前一回、午後一回
先生より(日誌、大分よくできるようになった。特に、実際部面に当たっても 負けず出来るようしたいものです。
・駅で働く人々・電車運転の説明
7月11日水曜日・雨
Yは家疎開のため欠席
集合・出勤報告・神棚に礼・駅朝礼・掃除・今日の各自の仕事、小荷物見習、M、ホーム、T、改札 、W,集札O・各自の仕事・昼食、休憩・各自の仕事・3時頃、一旦、家は帰って、米を入れる袋 を持って、3時半頃までに日が東岡崎駅へ集まった・米の配給・先生のお話・解散・帰宅
事故無し
今日、突然、五、六月分の米の配給が、午後あった。思っていたよりもたくさんあった。
先生より(学徒なるが故に増配があるのですが、有り難いという心で 働きましょう。
・きまった米の配給だけだったら
7月13日金曜日・晴
12日出校日、Yは、家疎開のため欠席
     Tは入営した兄と面会のため欠席
13日Yは、家疎開のため欠席
集合・出勤報告・神棚に礼・掃除・今日の各自の仕事、ホーム、M、改札、W、集札T、O・各自の仕事・ 途中、M、とTは、駅の用事で、青物市場からリヤカーで玉ねぎを運んでくる・昼食、休憩・ (学校へ集合してやる授業は取り止めになった)・各自の仕事・夕会・解散・帰宅
事故無し
今日、私達に電話のことで注意があった。
先生より(電話のかけ方は、十分注意しないと迷惑になります。気をつ けて教えのままにかけましょう。)
・授業取り止め
7月14日土曜日・晴
Yは、家疎開のため欠席
警戒警報発令・集合・出勤報告・神棚に礼・警戒警報解除・掃除・M,Wは保線の人について、国府 へ行く・各自の仕事、改札、T、集札、O、・10時40分頃警戒警報・M、Wは11時頃国府で 水準測量の手伝いの仕事を始めた・仕事の途中警戒警報解除・T,Oは各自の仕事・M,Oは少し 休んでから帰る、途中、長沢へ寄る・夕会(・神棚に礼・助役殿に挨拶)・解散・帰宅
事故無し
国府で仕事の手伝い(線路の水準測量)をしている時は、線路上で、とても暑かったが 帰る時は、あまり暑くなかった。
・保線に動員されている学生・水準測量
7月15日日曜日・曇
欠席無し
集合・出勤報告・神棚に礼・掃除・今日の各自の仕事、小荷物見習(雑もする)、Y、改札、M、集札T、W ホーム、O・各自の仕事・昼食、休憩・12時19分警戒警報発令・12時39分空襲警報発令 、待避・敵機来襲・13時45分空襲警報解除、しばらくして、警戒警報解除・各自の仕事・夕会 (・神棚に礼・駅長殿に挨拶)・解散・帰宅
事故無し
今日は、鳴海-有松間が単線運転で、本御油-国府間が、敵機に112列車が襲撃されて単線運転 になったので、各列車ともとてもおくれた。下り列車などは12時頃から3時半頃までの間は来なかった。
・艦載機に襲撃された電車のようす

HOME

7月16日月曜日・曇
欠席無し
集合・出勤報告・神棚に礼・草取り・駅朝礼・草取り、場所、3、4、5番線の付近西方・休憩、 10時半より11時まで・草取り・昼食、警戒警報発令、休憩、空襲警報発令・待避・空襲警報解除 ・各自の仕事、警戒警報解除・集札、M、小荷物見習、Y、ホーム、W、改札、T、集札、O・ 途中、M、Y、Oは管理部へ行って字を書く仕事をした。5時10分終了・夕会(・助役殿のお話・神棚 に礼)・解散・帰宅
事故無し
・草取り
7月17日火曜日・雨
欠席無し
集合・出勤報告・神棚に礼・駅朝礼・掃除・今日の各自の仕事、ホーム、T、改札、W、集札M、O 小荷物見習、Y・Mは駅の用事で十王町の家まで行って来る・各自の仕事、途中、Mは、遺留品 整理の手伝い、12時25分終了・警戒警報発令、解除・昼食、休憩・各自の仕事・掃除・夕会(・神棚 に礼・駅長殿に挨拶)・解散・帰宅(2時)
事故無し
昨日は、遅くまで仕事をしたので、昨日の夕会の時、明日は早く帰らせてやる、とおしゃったので 、今日は2時に帰った。
先生より(次の登校日には、この日誌を学校に持参のこと。校長先生に見て もらうこと。)
・忘れ物整理
7月18日水曜日
欠席無し
集合・出勤報告・神棚に礼・掃除・各自の仕事、ホーム、M、小荷物見習、Y、?W、T、O・草取り ・途中Mは銀行へ行く、M帰る・昼食、休憩・体重を計る・各自の仕事・夕会(・神棚に礼・助役 殿に挨拶)・解散・帰宅
事故無し
今日も草取りを午前にやった。全体の半分の余位までやった。前に、岡崎でたき出した飯を、よく 神宮前の保線へ持って行った。そのお礼として、2円ずつ学徒にくださった。私は有難くいただいた。
・学徒への報酬金
7月20日金曜日
出席、M、W、欠席、他は判定できないので無記入
Mは先に行って掃除、途中、Wも来る・駅の用事(あまり用事はなかった)Wは家へ帰る・昼食・ 駅の用事(あまり用事はなかった)、途中、掃除・駅の用事・2時半頃Mは家へ帰る 事故、Y君とT君の家が罹災した
19日から20日にかけての夜中、とうとう敵機は岡崎を攻撃した。覚悟はしていたが、不意の 出来事であった。友達の家の一部も、私達の学校もやられた。今まで、人事のように思ってきたが、 目の当たりに見て、今までよりもいっそう怒れてきた。
電車不通で、割合、仕事が少なかった。W君は昼の弁当を持ってこないし、用事もあるので、昼、 帰った。Mは駅の用事が少ないし、家の用事もあるので、2時半過ぎ、帰らせていただいた。
・岡崎空襲・駅で見た負傷者
7月21日土曜日・雨
欠席、Y,Tは家、罹災のため欠席
9時、学校へ集合・家庭調査、災害及び移転先・先生のお話、解散・駅へ行って、今日、勤めるか 聞く。つとめなくてもよかったので、家へ帰る。
事故無し
Y君とT君の家が戦災で家は全焼したと言う事が明らかになった。気の毒に思った。今日、学校で 、調査した時、組の内で罹災者が割合少なかった。
・岡崎空襲の被害
7月22日日曜日・晴
欠席、Y,Tは家、罹災のため欠席
駅の西に集合(先生のお話)・神棚に礼・掃除・各自の仕事、みんな改集札で、改札は、11時までM、11時 から2時までW・12時から1時まで休憩・2時から4時までO・途中、米を運ぶ仕事をした、また、 掃除もした・昼食、警戒警報発令、休憩、解除・各自の仕事・各自の仕事の途中、Wは駅の用事でリヤカー で荷物を運ぶ、Mは駅の用事で本宿へ行く、W駅へ帰る、また、用事で行く、3時47分頃駅へM帰る、 4時半頃M,Oは先に夕会をして帰る、Wは駅へ後から来て帰宅
事故無し
・罹災家庭
7月23日月曜日・曇後雨
欠席無し
駅前の西へ集合(・人員調査・先生のお話)・駅へ行く・出勤報告・神棚に礼・掃除・各自の仕事・ 警戒警報発令、解除・集札M、改札W、ホーム、O、11時頃Mは銀行へ行く・昼食、休憩・ 各自の仕事、1時半頃M帰る・夕会(・神棚に礼・駅長殿に挨拶)・解散・帰宅
事故無し
駅の水道端の所に、焼夷爆弾の跡がある。岡崎空襲の時、その他の所にも落下したそうだ。 私は、初め、駅は焼かれたと思った。駅ではとてもかんとう(敢闘)したそうだ。駅員の人が 一名やけどをした。
・岡崎空襲の時の駅
7月24日火曜日・晴
欠席Y,T、W
駅へ行く前に空襲警報発令・Mは駅へ行く、待避の用意をして待っている・途中、待避・11時 45分頃空襲警報解除・昼食、O出勤・集札、M、ホーム、O・12時頃空襲警報発令、待避の 用意をして待っている・待避・1時20分頃空襲警報解除・前と同じ各自の仕事・空襲警報発令 、待避の用意をして待っている・待避・解除・掃除・夕会(・神棚に礼)・解散・帰宅
事故無し
今日はよく空襲警報が発令された。
・空襲警報の頻発とデマ
7月26日木曜日
M,W、Oが出勤して、少しの間、働いたが臨休であったので、午前中に帰宅した。
・戦局
7月27日金曜日・晴
欠席Y,Tは罹災のため欠席
集合・出勤報告・神棚に礼・掃除・各自の仕事、ホーム、M、改札、W、集札、O途中、掃除 8時40分警戒警報発令、9時3分解除、11時25分警戒警報発令、11時46分解除・昼食、 休憩・Mは伝達を受けに学校へ行く、それから、美合の中川工場へ連絡に行って来る・各自の仕事 ・掃除・夕会(・神棚に礼・駅長殿のお話)・解散・帰宅
事故無し
・学校からの毎日の伝達開始
7月28日土曜日・晴
欠席Yは罹災のため欠席
集合・出勤報告・神棚に礼・掃除・各自の仕事、改札、M、集札、W、ホーム、T、O・警戒警 報発令・昼食、休憩、敵機来襲・警戒警報解除・Wは伝達を受けに学校へ行く、それから、美合 の中川工場へ連絡に行って来る・各自の仕事・警戒警報発令・夕会(・神棚に礼・助役殿に挨拶) ・警戒警報解除・解散・帰宅
事故無し
昨日から、私達5人が交代で学校へ伝達を聞きに行く事になった。今日、駅へ集合した時刻は 、警報発令のため遅くなった。
・突然の敵機(艦載機)来襲
7月29日日曜日・曇
欠席Y、Tは罹災のため欠席
集合・出勤報告・掃除、8時20分頃W出勤・各自の仕事、警戒警報発令、解除、ホーム、M,W、 集札、O、出欠表を書く、M・昼食、休憩・Oは伝達を受けに学校へ行く(伝達事項無し)・ 各自の仕事・掃除・夕会(・神棚に礼・助役殿のお話)・解散・帰宅
事故無し
昨日、私達に、馬鈴薯の配給がある予定であったが、よく日にのびた。私達の休憩時間は、雑談を したり、主に睡眠をとっている。
・休日の名鉄線見学は
7月31日火曜日・曇
欠席Y、Tは罹災のため欠席、Mは家の用事で遅刻
集合・先生のお話・駅へ行く・出勤報告、神棚に礼・掃除・9時7分頃M出勤、各自の仕事、ホーム、 M、集札、W、改札、O・掃除・警戒警報発令・各自の仕事・警戒警報解除・掃除・警戒警報発令 ・昼食、休憩・Mは伝達を受けに学校へ行く、美合の中川工場へ連絡に行く、W,Oは馬鈴薯の 配給の手伝・警戒警報解除、途中、M帰る・馬鈴薯配給・駅長殿のお話・後始末・解散・帰宅(6時頃)
事故無し
馬鈴薯はうむしてあるので、その場で食べた。
・じゃがいもの配給・昨日は一日中空襲警報で臨時休日

HOME

・太平洋戦争の経過
8月1日水曜日・晴
欠席、Y,Tは罹災のため欠席
集合、Mは学校へ御真影奉納式に参列(式順・校長先生のお話・御真影に対し最敬礼・御見送り・解散) 一方、W,Oは出勤報告・掃除・各自の仕事・ホーム、W、集札、O、途中、Mは式を終えて来る、 すぐに、出欠表を取りに行く・昼食・M、W、Oは駅の用事で新名古屋へ行く、帰ったのは3時・ ・夕会(・神棚に礼・駅長殿に挨拶)・解散・帰宅
事故無し
一昨日は、一日中、空襲警報が入っていたので臨休、昨日の馬鈴薯の配給は、たくさんあったので、 腹いっぱい食べた。
・御真影奉納式
8月3日金曜日・晴
欠席、Y,Tは罹災のため欠席
集合、出勤報告・掃除・各自の仕事、集札、M,改札、W、ホーム、O・肥をうめるための穴掘り 作業・昼食、休憩・Wは伝達を受けに行く・穴掘り作業・各自の仕事・南康生町まで肥桶を取りに行く ・一人3回位肥運び・夕会(・神棚に礼・助役殿のお話)・解散・帰宅
事故無し
今日は、肥運びのため、帰る時間がおそくなった。五時頃であったので、夕会の時、明日、早く帰宅 させてやると言うお話があった。
・肥の汲み取り
8月4日土曜日・晴
欠席、Y,Tは罹災のため欠席
集合・出勤報告・神棚に礼・掃除・駅朝礼(・一同礼・神棚に礼・神宮、宮城遥拝・黙祷・駅長殿、 助役殿のお話・時計合わせ)・防空壕の掃除、整理、上りホームの東、と西、便所の南・各自の仕事、 ホーム、M、集札、W、改札、O・昼食、休憩・Oは伝達を受けに学校へ行く・各自の仕事・Mは 、駅の用事で警察本署へ行く・夕会(・神棚に礼・駅長殿のお話)・3時頃解散・帰宅
事故無し
今日は、一日中、警報が入らなかった。
・日中の来襲中断
8月5日日曜日・晴
欠席、Y,Tは罹災のため欠席
集合・出勤報告・神棚に礼・掃除・各自の仕事、改札、M,集札、O、ホーム、W・昼食、休憩・ Mは伝達を受けに学校へ行く、いつもよりやっとかかった、罹災者に供出の品名一覧表を書く、伝達 事項を書く・各自の仕事、途中、M帰る・掃除・夕会(・神棚に礼・助役殿に挨拶)・解散・帰宅
事故無し
一昨日、時間外勤務したので、昨日は、3時に帰らせていただいた。この、二、三日は、敵機の来襲 が低調になったようだ。
・罹災者への供出
8月6日月曜日・曇後晴れ
欠席、Yは罹災のため欠席
集合・先生のお話・出勤報告・神棚に礼・掃除・途中、Mは管理部の防空壕の掩蓋を厚くする作業 の手伝、Wは駅の用事で警察へ行く・ホーム、T、集札、O・警戒警報発令・W帰る、改札、W・ W,T、Oは用水へ水を入れる仕事、警戒警報解除・昼食、休憩・Mは防空壕の手伝、W、T、Oは 用水へ水を入れる仕事・警戒警報発令、解除・夕会(・神棚に礼・助役殿のお話)・解散・帰宅
事故無し
防空壕の仕事を手伝ったので、3時頃、馬鈴薯をくださった。帰る時、助役殿が、明日、早く帰らせて やる。とおっしゃった。
・防空壕の補強・広島原爆投下
8月7日火曜日・晴
欠席、Yは罹災のため欠席
集合・先生のお話・出勤報告・掃除・警戒警報発令、解除・駅朝礼(・一同礼・神棚に礼・神宮・宮 城遥拝・黙祷・輸送訓・駅長殿のお話・時計合わせ)・M、Tは上りホームより管理部へ行く道の掃除、 W,Oは駅の防空壕全部の掃除・警戒警報発令、空襲警報発令、待避、空襲警報解除・各自の仕事、 改札、M,集札、W、Oホーム、T・昼食、休憩・Tは伝達を受けに学校へ行く・学校の仕事・夕 会(・神棚に」礼・助役殿に挨拶)・解散・帰宅
事故無し
今日は防空演習がある予定であったが、とり止めになった。
・豊川海軍工廠大空襲・真剣な待避
8月8日水曜日・晴
欠席、Yは罹災のため欠席
集合・先生のお話・出勤報告・掃除・各自の仕事、ホーム、M、集札、W,T、改札、O・途中、 2回掃除・休憩室にあるふとんを、信号所の東へほす・昼食、休憩・Oは伝達を受けに学校へ行く・ 各自の仕事、ふとんを休憩室にしまう、途中、一回裏返した・警戒警報発令・夕会(・神棚に礼・助役 殿に挨拶)・解散・帰宅
事故無し
・工場で働く人々の待避
8月9日木曜日・晴
出校日
欠席、Y,T
学校へ集合・朝礼(校長先生のお話/戦局と学徒/伝染病の話/小型機と目標、等の話)・解散・帰宅
事故無し
第二木曜日で学校へ出た。皆そろって朝礼をした時は、学校で勉強した時の事が、色々思い出されて きた。
・敵小型機の銃撃と爆弾・長崎原爆投下
8月10日金曜日・晴
欠席、Yは罹災のため欠席
集合・先生のお話・出勤報告・神棚に礼・掃除・各自の仕事、集札、M、O、ホーム、W、改札、T、・ ふとんほし・昼食、休憩・学校へ行く・理科室で先生のお話・夕会(御影に礼、先生のお話)・解散・ 帰宅
事故無し
いよいよソ連は、対日宣戦を布告した。とうとう、ソ連も敵国となった。(8/8ソ連、対日宣戦布告)
・戦局の切迫
8月11日土曜日・晴
欠席、Yは罹災のため欠席
集合・出勤報告・神棚に礼・掃除・各自の仕事、改札、○、集札、M、ホームの仕事、○・Mは駅 の用事で長沢へ行く・11時頃、駅朝礼(・一同礼・神棚に礼・神宮、宮城遥拝・黙祷・輸送訓・駅長殿のお 話・時計合わせ)・乾パンの配給・昼食、M帰る、すぐ昼食、休憩・Mは連絡のため学校へ行く・各自の仕事 ・3時頃管理部の防空壕の作業の手伝・夕会(・神棚に礼・助役殿のお話)・解散(4時35分)・帰宅
事故無し
乾パンの配給があって、一人、約20個位ずつあった。防空壕の作業をしたので、いつもよりもくたびれた。
・乾パンの配給
8月12日日曜日・晴
欠席、Yは罹災のため欠席
集合・先生のお話・出勤報告・掃除・各自の仕事、改札、M、集札、W、O、ホーム、T、途中、掃除、 ・昼食、休憩・Wは連絡のため学校へ行く・各自の仕事、途中、Mは駅の用事で吉村病院へ行く・夕会後、 W,T、Oは帰宅(3時)、Mは駅へ帰る(4時20分頃)帰宅
事故無し
昨日、時間外まで作業をしたので、今日は、3時に帰らせてくれる予定であったが、仕事の都合で、皆 いっしょに帰れなかった。
・外科病院と警察と駅
8月13日月曜日・晴
欠席、Yは罹災のため欠席
集合・先生のお話・出勤報告・神棚に礼・Mは駅の用事で男川へ行く・掃除・防空壕の掃除、途中、M帰る 全員、駅の用事で新名古屋へ行く・新名古屋で昼食・2時半頃駅へ帰る・夕会(・神棚に礼・助役殿のお話) ・3時解散・帰宅
事故無し
新名古屋へお茶とのりを取りに行った。美合班も行った。空襲警報が発令されていたので、、昼食は、新 名古屋駅の電車の中で食べた。今日は、いつもよりも人がたくさんであったので割合、楽であった。
・焦土と化した名古屋の沿線
8月14日火曜日・晴
欠席、Yは病気のため欠席
集合・先生のお話・出勤報告・神棚に礼・掃除・各自の仕事、改札、T、集札、M、O、ホーム、W ・警戒警報発令、空襲警報発令、待避、空襲警報解除、警戒警報解除、・昼食、警戒警報発令、空襲警報 発令、休憩・空襲警報解除・各自の仕事・空襲警報発令、待避・各自の仕事・夕会(・神棚に礼・駅長殿に挨拶) ・解散・帰宅
事故無し
今日、Y君の家へ行ったら、小美の方へ移住したそうであった。Y君の欠席は病気のためであることが分かった。 しばらくの間、敵機の来襲が少なかったが、また、よく来襲するようになった。
・休憩時に艦載機が目前に
8月15日水曜日・晴
欠席、Yは病気のため欠席
集合・先生のお話・出勤報告・神棚に礼・掃除・各自の仕事、ホーム、M、少したってから、Wは駅の用事 で羽根へ駅の用事で荷物を取りに行く、T,Oは駅の用事で常務殿の家へ荷物を取りに行く、途中、Mは 掃除後、銀行へ行って来る、W,T、O帰る・すぐ、M、T、Oは、その荷物を貨車に積み込む・ 駅朝礼と同じように集合、重大声明を聞く・昼食、休憩・Oは学校へ連絡に行く・各自の仕事・夕会(・神棚に礼 ・駅長殿に挨拶)・解散・帰宅
事故無し
・終戦の詔勅と重大声明

HOME

8月16日木曜日・晴
欠席、Yは病気のため欠席
集合・先生のお話・出勤報告・神棚に礼・掃除・各自の仕事、改札、M、集札、W,T、ホーム、O・昼食、休憩 ・Mは学校へ連絡に行く・上下ホームの駅板に似た、注意事項の看板を掘り抜いて、保線の所まで運ぶ・ 紙を焼く仕事、終わり頃、Mはその場に残って、あと三人は看板にペンキを塗る仕事・夕会・解散・帰宅
事故無し
昨日、正午、重大放送があった。君が代の後、天皇陛下御自ら詔書をお読みになり、後で、内閣告諭があり・・・
・戦時の看板の撤去・書類の焼却
8月18日土曜日
欠席、Yは病気のため欠席
集合、先生のお話・出勤報告・神棚に礼・掃除・草取り(本線)・各自の仕事・管理部の肥の汲み取り・各自の仕事・昼食、 休憩・Wは連絡のため学校へ行く・各自の仕事・夕会(・神棚に礼・駅長殿に挨拶)・解散・帰宅
事故無し
今日の草取りは、上り、下り本線のホームの所だけで、一年生の人達と半分ずつやった。
8月19日日曜日
欠席、Yは病気のため欠席
集合・先生のお話・出勤報告・神棚に礼・掃除・各自の仕事・昼食、休憩・Oは連絡のため学校へ行く・各自の仕事 ・八帖ミソの工場へ、みそを取りに行く・みそ配給・夕会(・神棚に礼・助役殿に挨拶)・解散・帰宅
事故無し
今日、八帖の八帖みそ工場までみそを取りに行ったが、私達にも配給があった。Y君の分はなかった。 一人2円ずつであった。
・終戦になって思った事・みそ配給
8月25日土曜日・雨
欠席、Yは病気のため欠席
集合・先生のお話・出勤報告・神棚に礼・掃除・各自の仕事、ホーム集札の仕事・草取り・昼食、Tは学校へ 連絡に行く、休憩・各自の仕事・夕会(・神棚に礼・助役殿のお話)・解散・帰宅
事故無し
時局が、色々と変ってきたので、動員が何時、解除になるかもしれなかったが、28日に解除ときまった。
・動員解除決定
8月26日日曜日・曇時々雨
欠席、Yは病気のため欠席
集合、先生のお話・出勤報告・神棚に礼・掃除・各自の仕事、ホーム、集札の仕事・W,Tは、みそを取りに 行く、M,Oは水道端の整理・各自の仕事、途中掃除・昼食、W、T来る、休憩・各自の仕事、改札、M、 集札、W,T、ホーム、O・夕会・解散・帰宅
事故無し
この頃は、復員の人で電車が大分込んできた。
・兵隊や一般の復員
8月27日月曜日・曇後晴
欠席、Yは病気のため欠席
集合、先生のお話・出勤報告・神棚に礼・各自の仕事、ホーム、集札の仕事・昼食、休憩・各自の仕事、Mは 先生の用事で学校へ行って来る・夕会(・神棚に礼・助役殿に挨拶)・解散・帰宅
事故無し
28日まで働いて、29日に解散式と決まった。動員されてから、約4ヶ月になる。もう、はたらくのは、 明日、一日だけだ。
4ヶ月の勤労動員
8月28日火曜日・曇時々雨
欠席、Yは病気のため欠席
集合・先生のお話・出勤報告・神棚に礼・各自の仕事、ホーム、集札の仕事、M、Wは銀行へ行く・昼食、 休憩、M、W帰る、すぐ昼食・各自の仕事・夕会・解散・帰宅
事故無し
戦争が終結となって、兵隊に行っている人や、軍需工場へ行っている人が復員するので、動員が解除になる。 今日までの間、色々なことがあったが、怪我が無くてよかった。
・軍事目標とされていたなら
8月29日水曜日・雨後曇
欠席,Yは病気のため欠席
集合・駅へ行く・挨拶、駅長殿のお話・駅朝礼(・神棚に礼・黙祷・駅長殿のお話・時計合わせ)・式場の掃除・ 集合・式場へ行く・解散式(・国民儀礼・国歌奉唱・管理部長殿の挨拶・校長先生訓話・記念品授与) ・解散・帰宅
今日の解散式は、10時から施設課の下であった。管理部長殿や校長先生から色々なお話があった。 記念品は筆筒であった。
・最後は静かな式で

HOME


列車運行図表と駅


HOME

当時の東岡崎駅

当時の東岡崎駅構内

現在の東岡崎駅

正面(北口)・南口

  

駅を地図で見る

名鉄名古屋本線から選んだものをGoogle Mapsを使用して駅のリストから見られます。

http://masakihi.my.coocan.jp/test111/ge111.html

改札口(地下)当時(昭和17,18年頃)の改札口の写真は、
「リンク」ページから他サイトで見られます。

1945年(昭和20年)列車運行図表(ダイヤグラム)

自動閉塞信号機設置

次の図で逆三角形の部分にマウスの矢印を当てると、その個所が読めます。(7か所)

単線通票 標準勾配 区間粁程 累計粁程 駅名 列車番号0501 列車番号0520

24時まで図表は記載しているが、ここでは省略しました。

HOME

HOME


一読者の当時の思い出


クリーム色のベスト

---勤労動員日誌を読んで---

柴 田 順 子


プリントにして、46頁にわたる、Hiroshi Masaki氏の「勤労動員日誌東岡崎駅班」を拝読させていただきました。

太平洋戦争末期の昭和20年4月末から4か月に及んだ駅での業務経験と周辺の出来事から、当時の生活の様子を垣間見ることができて,興味深く思いました 。また、動員された学徒諸氏の勤勉な仕事ぶりには心を打たれるものがありました。それらを綴る淡々とした描写は日誌の内容を鮮明に浮かび上がらせ、戦時下独特の雰囲気が伝わってくるようでした。

「注釈・その他」の項目からもいろいろな事が思い出されました。その中の 「注釈・その他」(2)に罹災者への供出についての記述がありましたが、終戦間もない頃、梅園小学校で私がいただいたクリーム色のベストは、まさしく、一般の方が罹災者(「焼け出され」と呼ばれていました。)へ供出して下さったものでした。

夏休み中(当時、私は梅園小三年生)の登校日に学校へ行ってみますと、校庭に広げられた敷物の上に衣類が積み上げられ、小山のようになって置いてありました。先生に、「一人、一枚ずつです。」といわれて、私はその小山の中から細毛糸で編んだクリーム色のベストを取りました。以後、かなり長い間、大切に着ていたのを覚えています。どこのどなたが供出して下さったのでしょうか。焼け出されの私にとっては、たとえ一枚の衣類でもそれはありがたいものでした。

動員された東岡崎駅班の方々が、4か月間、事故も無く、勤務することができて、ほんとうに幸いでした。警戒警報、空襲警報の発令と解除が幾度となく、くり返されたあの日々を思いますと、今の平和のありがたさがしみじみと感じられます。

HOME